福山雅治、「道標 2021」誕生日にリリース

ツイート

福山雅治が、誕生日である2月6日に「道標 2021」を配信リリースする。

「道標」は、2009年のシングル「化身」のB面に収録された楽曲だ。2021年の大みそかに放送された『第72回NHK紅白歌合戦』で白組のトリを務めた福山は、「道標 ~紅白2021ver.~」と題してこの曲のライブパフォーマンスを披露した。

「みかん畑をやっていた亡くなった祖母のことを歌った歌なんですけれども、ここに立たせて歌わせていただけるのは、僕の両親、祖父母、ご先祖さまから受け継いだ命のリレーのバトンを渡してもらえたから。感謝を込めて、命をつないでくださった皆さんにお届けしたいと思います」との言葉と共に披露された「道標 ~紅白2021ver.~」はSNS上でも反響を呼び、音源化を希望する多くの声に応える形で、今回のリリースが決まったそうだ。総勢10人のストリングスと大編成のコーラス隊、ホルンが加わった新たなアレンジで、“自身の命が受け継がれた日”である誕生日に、“今を生きることへの感謝”の気持ちを込めて届けられる。

「道標 2021」

2022年2月6日(日)配信開始

この記事をツイート

この記事の関連情報