リーガルリリー・たかはしほのか、ENEOSのWEB CMで山崎まさよし「サイドストーリー」をカバー

ツイート


リーガルリリー・たかはしほのかが、全国のENEOSセルフステーションで使えるスピード決済ツール“EneKey”のデビュー2周年コラボ企画の第三弾に登場している。

テーマ曲の山崎まさよし「サイドストーリー」をカバーする本企画は、これまでに第一弾を山崎まさよし、第二弾を元ちとせ×さかいゆうが担当。今回第三弾の歌唱をたかはしほのかが手掛けており、プロデューサー/トラックメイクにorigami PRODUCTIONSのShingo Suzukiを迎え制作した。グルーヴ感のある低音とビートの中で、ギターやエレクトリックピアノがたかはしほのかの無垢な歌声と混ざり合う。

WEB CMは、“もしもミュージシャンではなく、別の人生を歩んでいたら”という設定のもと、アニメーション作家Wabokuによる全編アニメーション作品。たかはしが、“もしも転職活動に悩む会社員だったら”という設定で、ふと自身の車で立ち寄ったENEOSのセルフサービスステーションで諦めていたミュージシャンになる夢が現実になり、自由に空を飛びながら歌うというアニメーションだ。



WEB CMはYouTubeにてロングver.と合わせて公開。また今月より、全国のENEOSセルフサービスステーションでもCMが流れている。





この記事をツイート

この記事の関連情報