ティアーズ・フォー・フィアーズ、男性優位な社会の打破を歌った新SG「Break The Man」リリース

ツイート

80年代から活躍する伝説のロック・デュオ、ティアーズ・フォー・フィアーズが2022年2月25日(金)にリリースする17年振りの新アルバム『The Tipping Point』から3rdシングル「Break The Man」をリリースした。

◆ティアーズ・フォー・フィアーズ 関連動画&画像


新シングル「Break The Man」はメンバーのカート・スミスとプロデューサーのチャールトン・ペタスが共同で作曲し、カート、チャールトンに加えメンバーのローランド・オーザバルが共同でプロデュース。本シングルは男性優位な社会、家父長制を打破しようというメッセージとともに、力強くもグルーヴィーなトラックに仕上がっている。

この曲についてメンバーのカート・スミスは「『Break The Man』は強い女性、そして家父長制を打破することをテーマに書いたものです。国として、そしてある程度世界的に抱えている問題の多くは、男性の優位性からきていると感じています。この曲は、男を打ち破るほど強い女性の歌です。私にとっては、それが世界の多くの問題に対する答えになると思っています。男女の良いバランスをとる事。音楽的なパートナーシップと同じで、"バランス "という言葉に尽きますね。男女のバランス感覚がもっとあれば、もっと調和がとれるはずです」とコメントしている。

アルバム『The Tipping Point』は、ティアーズ・フォー・フィアーズがメンバーの関係修復を経て、魂を深く掘り下げることで辿り着いた転換点と言える作品です。新アルバムの制作にあたりバンドは当初、前任のマネージメントに頼まれて、ヒット・ソングライターたちとチームを作り制作を始めた。しかし、この不本意な試みは、やがて失敗に終わった。ローランドは「結局、そのプレッシャーと緊張感が、マネージメントだけでなく、お互いを分断してしまった」と説明する。新しいマネージメントに変えたことについてローランドは「突然、長い間で初めて、私たちがやろうとしていることを理解してくれる人がそばにいると感じました。私たちの味方になってくれる人がいると感じたのです。久しぶりに "これはやるしかない "と決心しました」とコメントしている。

今作では、ティアーズ・フォー・フィアーズの長年のコラボレーターであるチャールトン・ペタス、プロデューサー兼ソングライターのサシャ・スカーベックとフロリアン・ロイターが参加している。「私たちのように長い付き合い、長く一緒に仕事をしていると、そこには家族のような絆が生まれます。だから、友情とは違うのです。また、結婚とも違う。文字通り、あなたの兄弟のようなものです。それは、本当に壊すことのできない絆です。時には、バラバラになることもあります。それは健全なことだとも思います。でも最後には、いつもまたお互いを見つけることができるのです」とカートは言う。

バンドは今年5月からはガービッジをサポートに2017年以来となる北米ツアーを予定。新アルバム『The Tipping Point』は、2022年に最も期待されているアルバムのひとつとなる。


『The Tipping Point』

2022年2月25日(金) リリース(世界同時発売)
Concord
UICB-10006 3,300円(税込)
日本盤はボーナストラック2曲、歌詞対訳、解説付

■Tracklistトラックリスト
1 No Small Thing /ノー・スモール・シング
2 The Tipping Point / ザ・ティッピング・ポイント
3 Long, Long, Long Time / ロング、ロング、ロング・タイム
4 Break The Man / ブレイク・ザ・マン
5 My Demons / マイ・デーモンズ
6 Rivers Of Mercy / リヴァーズ・オブ・マーシー
7 Please Be Happy / プリーズ・ビー・ハッピー
8. Master Plan / マスター・プラン
9. End Of Night / エンド・オブ・ナイト
10. Stay / ステイ
11. Let It All Evolve / レット・イット・オール・エヴォルブ *ボーナストラック
12. Shame (Cry Heaven) / シェイム (クライ・ヘヴン) *ボーナストラック

ストリーミング /購入リンク :
https://found.ee/8SQpi7

◆ティアーズ・フォー・フィアーズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報