全英アルバム・チャート、ザ・ウィークエンドの新作が初登場1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、ザ・ウィークエンドが1月7日にサプライズ・リリースした新作、通算5枚目のスタジオ・アルバム『Dawn FM』が初登場で1位に輝いた。セカンド『Beauty Behind The Madness』(2015年)、前作『After Hours』(2020年)に次ぐ3作目の全英1位となった。

◆全英チャート 関連画像、動画

先週まで2週連続でトップだったエド・シーランの『=』は2位に後退。2位だったアデルの『30』も3位に1ランク・ダウンした。

今週はザ・ウィークエンドほか2作が新たにトップ10入りしており、ラッパー、ガンナのサード・アルバム『DS4EVER』が4位、デヴィッド・ボウイの幻のスタジオ・アルバムのスペシャル・エディション『Toy (Toy:Box)』が5位につけた。





シングル・チャートも首位が入れ替わり、アメリカ人の17歳のシンガー・ソングライター、ゲイルの「abcdefu」が先週の2位から1ランク・アップし、トップ100にチャート・イン後9週目にして1位に登りつめた。

先週1位だったアデルの「Easy On Me」は2位に後退し、3位にはディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』のサウンドトラックに収録された「We Don’t Talk About Bruno」が4位から3位に浮上した。同サウンドトラックからは今週、「Surface Pressure」も8位にチャート・インしている。

今週はこのほか、オーディション番組『American Idol』に出場し人気に火がついたカナダ出身の18歳、Lauren Spencer-Smithの「Fingers Crossed」が4位、ザ・ウィークエンドの「Sacrifice」が10位と、計3曲が新たにトップ10入りした。






Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報