セリーヌ・ディオン、さらなる療養が必要なため北米ツアーを中止

ツイート
Photo By Alix Malka

セリーヌ・ディオンが週末(1月15日)、3月9日から予定していた北米ツアーの中止を発表した。

◆セリーヌ・ディオン画像

彼女は最近、持続的かつ重度な筋肉のけいれんの治療を受けたが、回復に思っていた以上に時間がかかっているという。セリーヌは「今ごろは良くなっているはずと願っていたものの、さらに我慢し、医師の指示に従わなくてはなりません。公演には多くの準備を必要とするため、今日、決断を下さなくてはなりませんでした」「体調が万全に戻り、パンデミックが収束し、ステージに戻れたら幸いです。その日が待ち切れません」との声明を出し、ファンから寄せられている支援や愛に溢れた言葉に感謝した。

この北米ツアーは2020年春より延期されており、今年3月9日~4月22日の期間に19公演が開催されるはずだった。延期ではなくキャンセルと告知されている。

現時点、5月25日にスタート予定のヨーロッパ・ツアーに変更はないようで、公式サイトには日程がそのまま掲載されている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報