Nagakumo、ネオアコと若者のオルタナ感性がミックスされた「Awayokuba」リリース

ツイート


2021年始動、平均年齢21歳のバンド「Nagakumo」が、本日1月19日にシングル「Awayokuba」をデジタルリリースした。本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポートしている。

昨年リリースしたデビュー作品『PLAN e.p.』は主要ディストロショップを中心にヒットし、ハンドメイドCDながら500枚以上のセールスを記録。約一年ぶりのリリースとなる今作「Awayokuba」は、ネオアコと若者のオルタナ感性がミックスされたNagakumoらしさが凝縮した楽曲に仕上がっている。

  ◆  ◆  ◆

【本人コメント】
爆音ギターポップです。この曲がミニアルバム「EXPO」のメインになる予定だったのでアレンジは一番力を入れました。
デモの段階で歌メロを完全に決めない、曲先の良さが出たと思います。歌詞とメロディが固まってからリハモしたり、リズム隊が大幅に暴れ出したり、イントロの1秒から最後まで細かく手抜きなしのキラーチューンです。
(オオニシレイジ)

色んなことがあるけど、結局前向きに暮らすことを諦めない、「ただ 今を生きることをやめられないんだよなあ」というひとの歌です。
「あわよくば」の続きは聴く人によって違うはずだけれど、私にとっては「ずっとこの街で楽しく暮らしてたい」だと思っています。
書いたのは4月で、よく「街」について考えていた頃でした。春を迎え、自分が今いる場所に想いを馳せたときに生まれた詩です。
(コモノサヤ)

  ◆  ◆  ◆

シングル「Awayokuba」


Release: 2022.1.19
Format: Digital
Label:FRIENDSHIP.

Track:
1. Awayokuba

配信リンク
https://friendship.lnk.to/Nagakumo_Awayokuba

この記事をツイート

この記事の関連情報