クレイドル・オブ・フィルス、『Dusk... And Her Embrace』全曲演奏ライブを世界配信

ツイート

英国のブラック・メタル・バンド、クレイドル・オブ・フィルスが、3月20日(日本時間21日)にスペシャル・オンライン公演<The Infernal Vernal Equinox>を開催することを告知した。

◆クレイドル・オブ・フィルス画像

昨年10月に発表した最新アルバム『Existence Is Futile』(2021年)の収録曲やファンのお気に入りに加え、1996年にリリースしたセカンド・アルバム『Dusk... And Her Embrace』を全曲プレイするそうだ。

<The Infernal Vernal Equinox>は英国時間3月20日午後7時(日本時間21日午前4時)からスタート。チケットは約2,300円で、特設サイト(https://cradleoffilth.veeps.com/)から購入できる。

メンバーによると、3月20日は春分(Spring Equinox)であり、“The Infernal Vernal Equinox(地獄のような春分点)”として知られているそうだ。ゆえに、“チルドレン・オブ・ザ・ナイト”は、恐ろしいほど壮観でビッグなプロダクション、カミソリのように鋭いブラック・メタル・メイヘムの訪れに備えておくべきだという。

クレイドル・オブ・フィルスは現在、ダニ・フィルス(Vo)、リチャード・ショウ(G)、マレク “アショク” シュメルダ(G)、ダニエル・ファース(B)、マーティン “マルテュス” スカロウプカ(Dr,Key,Orchestration)、アナベル(Vo,Key,Orchestration)のラインナップで活動している。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報