カシオ、歌声を演奏できる新感覚の電子キーボード発売

ツイート

カシオが、電子キーボード・カシオトーンの新製品として、鍵盤で歌声を演奏できる新感覚の電子キーボード『CT-S1000V』を3月上旬に発売する。

CT-S1000Vは、新開発の音源技術“Vocal Synthesis(ボーカルシンセシス)”の搭載により、歌詞の情報とボーカル音色を組み合わせて作った人間やロボットボイス、動物といった歌声を演奏できる。


鍵盤を押すたびに音節ごとに歌詞を発音する演奏方法だけでなく、あらかじめ設定した歌詞フレーズを、鍵盤演奏の音程やハーモニーに合わせて自動的に歌わせる演奏方法が可能。これにより、歌詞と演奏にずれが生じず、歌詞に縛られない自由な演奏が実現。加えて、各音節のつながりがスムーズになり、メロディを口ずさむような感覚で直観的に音楽表現や楽曲制作も行える。

また、100種類の歌詞のフレーズを本体に内蔵しているほか、専用アプリ「Lyric Creator(リリック クリエイター)」上で、オリジナルの歌詞の作成や詳細な発音の編集などができる。

練習から本番まで1台で完結したいキーボーディストに向けて、内蔵スピーカーと水平型バスレフ機構によるパワフルな重低音を備え、外部スピーカーとの接続も可能な『CT-S500』も併せて発売される。


▲CT-S500

この記事をツイート

この記事の関連情報