映画『コーダあいのうた』本日公開、日本盤サウンドトラックも同時発売

ツイート

2021年4月に行われたアメリカ最大のインディペンデント映画の祭典「サンダンス映画祭」で、アカデミー賞へ繋がると呼び声の高い観客賞を始めとする史上最多の4冠に輝いた感動映画『コーダ あいのうた(原題:CODA)』が、本日2022年1月21日(金)より全国公開となり、国内盤のサウンドトラックCDも本日発売となった。

◆『コーダあいのうた』 関連動画&画像


世界で唯一日本でのみCD化が実現した同日本独自企画盤には、先着特典としてメッセージカードが付いている。(※特典は先着となります。特典の有無は店頭にてご確認ください。)

サウンドトラックは、映画『ラ・ラ・ランド』でグラミー賞を受賞し、数々の映画音楽も手掛けるマリウス・デ・ヴリーズが手掛けており、劇中で使用されるザ・クラッシュの代表曲「スターマン」や、ジョニ・ミッチェルの名曲であり、涙なくしては聞けない、主演エミリア・ジョーンズ歌唱の「青春の光と影」(原題:Both Sides Now)他、全18曲が収録されている。

映画『コーダ あいのうた』は、2015年に日本でも公開されたフランス映画『エール!』(2014)のハリウッド・リメイク版としても注目を浴びている一作。4人家族の中で唯一耳が聞こえる主人公のルビー。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。そんな彼女の特技は、“歌うこと”。抱き合い支え合っていた家族が、それぞれの夢に向かって歩き始めることで、さらに心の絆を強くする。観た者全員の“大好きな一本”になる、爽快な感動作だ。なお、サンダンス映画祭4冠獲得から、配給権の争奪戦により映画祭史上最高額(約26億円)で落札されたことでも大きな話題を呼んだ。

映画を観てからサントラを聴いてもよし、サントラを予習してから映画を観るもよし。家族を持つ者、そして、音楽好きは共感すること間違いなしの『コーダ あいのうた』 の世界を是非、今週末よりお楽しみ頂きたい。


『コーダ あいのうた オリジナル・サウンドトラック』

2022年1月21日(金)発売
試聴・購入:https://umj.lnk.to/CODA_Soundtrack

■トラックリスト
1.サムシングス・ガット・ア・ホールド・オン・ミー - エタ・ジェイムス
2.ワン・シング・アイ・ノウ・ハウ・トゥ・ドゥ - マリウス・デ・ヴリーズ
3.イッツ・ユア・シング - エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、コーダ合唱団
4.ユアー・オール・アイ・ニード - マーヴィン・ゲイ、タミー・テレル5.アイ・フォート・ザ・ロウ - ザ・クラッシュ
6.ミスターVのソナタ - マリウス・デ・ヴリーズ
7.ジ・オブザーヴァー - マリウス・デ・ヴリーズ
8.ウォーク・イン・ザ・ウッズ / ベリー・フロップ - マリウス・デ・ヴリーズ
9.ザ・ログ - マリウス・デ・ヴリーズ
10.ドゥ・ユー・エヴァー・ウィッシュ・アイ・ワズ・デフ? - マリウス・デ・ヴリーズ
11.歌は恋人 - エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、コーダ合唱団
12.スターマン - エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、コーダ合唱団
13.ユアー・オール・アイ・ニード(デュエット・ヴァージョン) - エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
14.ゴーイング・トゥ・ボストン - マリウス・デ・ヴリーズ
15.青春の光と影 - エミリア・ジョーンズ
16.ウェイト・ウェイト・ストップ・ストップ - マリウス・デ・ヴリーズ
17.ビヨンド・ザ・ショア - エミリア・ジョーンズ
18.ルビーのテーマ - マリウス・デ・ヴリーズ

◆映画『コーダ あいのうた』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報