優河、ドラマ『妻、小学生になる。』主題歌「灯火」配信リリース

ツイート


シンガーソングライター優河が、TBS系 金曜ドラマ『妻、小学生になる。』主題歌として書き下ろした楽曲「灯火」を1月26日(水)にデジタルシングルとして配信リリースする。本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポートしている。

本ドラマ主題歌の起用は、優河の歌声を偶然聴いたドラマプロデューサーからのラブコールによって実現したという。楽曲は、「誰しもひとりではなく心に寄り添ってくれる大切な誰かの想いと共に生きている」といった想いを丁寧に練り上げたアンサンブルに乗せて歌う、海のように大きくて優しいバラードとのこと。

  ◆  ◆  ◆

【優河によるセルフライナーノーツ】
大切なひとを想うとき、そのひとが与えてくれた愛情、まなざし、言葉や時間がひとつのおおきな海になって、私を優しく包み込む。このままずっとその温かさに浸っていたいと思う。明日会えるひと、昨日会ったひと、いつかまた会えるひと、もう会えないひと。私たちはその誰かに与えられたおおきな海を泳いでいて、その海が消えて無くなることはないのだと思う。ひとつ一つ、全てを思い出せなくてもそのおおきな海は私たちの肌に染み込んでいて、こころに灯りを添えてくれている。そして私たちはその灯りを頼りに明日を見つけ、生き進んでいく。灯火を受け渡していくように。

【ドラマ『妻、小学生になる。』プロデューサー 中井芳彦 コメント】
堤真一さん演じる主人公の気持ちに寄り添う主題歌にするためには女性の声が良いと思い、探していたところ、偶然舞台上で歌う優河さんを拝見しました。その素晴らしい歌声を聴いて、このドラマの主題歌をお願いするのに躊躇しませんでした。素晴らしい歌を作って頂きました。ありがとうございました。

  ◆  ◆  ◆

楽曲「灯火」


Release: 2022.1.26
Format: Digital
Label:NICHION,INC.

Track:
1. 灯火

配信リンク
https://friendship.lnk.to/Seaoflight
※リンク内の内容は1/26 0:00のリリース以降に更新されます。

この記事をツイート

この記事の関連情報