【コメントリレー】3歳でも90歳でもカンタンに参加できる<otto piano Concours vol.01>審査員より新垣隆、「貪欲に聴くことが上達の第1歩」

ツイート

オタイオーディオ株式会社が運営する電子ピアノ・鍵盤専門店/ピアノ教室ottoが、オンラインによるピアノコンクールを開催することが決定した。その名も<otto piano Concours vol.01 supported by Technics>。

◆<otto piano Concours vol.01 supported by Technics>新垣隆 関連画像

「3歳でも90歳でもカンタンに参加できるピアノコンクール」をテーマに、初級、中級、上級と3つの部門を設け、より多くのピアニストが気軽に参加できるコンクールを目標としている。コンクールの全行程をオンライン化すること、また電子ピアノやMIDI鍵盤(ピアノ鍵盤モデルに限る)でも参加できることから、今まで何らかの事情でピアノコンクールに参加できなかった人たちの受け皿になりえる新しい形のコンクールである。このことは、今世界で最も重要な指標の一つであるSDGsの目標達成への取組みとしての側面も兼ね備えている。

そんな<otto piano Concours vol.01 supported by Technics>の審査員から新垣隆のコメントが届いた。応募を悩んでいるという世のピアニストたちは参考にしてみてはいかがだろうか?


■新垣隆 コメント

──<ottopianoConcoursvol.01supportedbyTechnics>では、どんな演者に出てきてほしいですか?

新垣 ピアノが好きで、ピアノを楽しんでいらっしゃる方は全てが対象であるということです。ピアノもアコースティックのグランドピアノとかアップライトピアノのみならず、電子ピアノの全て含んだものとしての形で楽しんでいらっしゃる方、すべてに参加していただきたいです。

──<otto piano Concours vol.01 supported by Technics>ではどんな基準で採点しますか?

新垣 今回は3つの部門に分かれていて、初級・中級・上級の設定があります。それぞれのレベルにふさわしい基準というものを自分の中で設定するつもりです。上級コース、あるいは中級コースに挑戦される方は、やはりある程度ピアノを一生懸命勉強していると思うので、そのコースに関しては音楽的なこと、技術的なこと、音楽的なことを総合して、評価させていただこうと考えております。

もう1つの初級、ガボットの演奏で挑戦された方に関しては……例えば音楽そのものは昔の曲だったりするんですね。今の自分たちの生活の中から生まれた曲ではない。すなわちクラシック音楽っていうことですが、まあそういうものでもあるので、もちろんピアノを弾く喜びというもの、まず“つかむ”ための優しい曲ではあるんですが、同時に例えば今、私たちが楽しんでいるポップスとは違う、いわゆるクラシック音楽に対するアプローチということも含むので、技術的なことはもちろんですが、自分が重視をするのは、その曲をどのように弾きたいかということが伝わってくるか。そういうところを見ようと思っています。少し細かく言うと、リズムがはっきりしているところと、真ん中の少し柔らかい歌を歌うようなシーンがあるのですが、そういうキャラクターというものをどのように表現してくれるのかというところを一番重視したいと思います。

──あなたの最初のコンクール出場について教えてください。一番記憶に残っているコンクールは何でしょうか?

新垣 私はピアニストとしてコンクールの経験がないという、ちょっと特殊な人間なのですが、ピアノを習っていて発表会に出るということはありました。発表会に出るということは、人前で弾いて、聞かれて評価されるというところで、とても緊張して……練習してるような感じで弾けなくなってしまったりということは、多く経験しました。自分の場合は、友達がフルートやバイオリンなどでコンクールに出たときに、その伴奏を受け持って多くのコンクールに参加出場した経験はあります。自分自身が評価されるのではないけれども、一緒の合奏でアンサンブルで、その音楽ができるわけなので、自分に責任があること。ある意味で自分も一緒にコンクールに出て、音楽の審査をされるという気持ちでした。

──コンクールに出場する際は何が一番重要だと思いますか?

新垣 自分は伴奏という形でいろいろと関わってきて、その仲間を見てきたんですけど、「準備」が大変だと思います。受けると決まったときから当日まで計画を立てて、コンティションを整えるところまで、みんな苦労していました。ただ、今回のコンクールに関して言えばピアノを弾くのを楽しむ、そこが大事なのかなと思います。今言ったようなケースとは少し違う。もう少し気軽な形で臨んでいただければと思います。演奏するということ自体を楽しんでいただきたい。

──ピアノ(アコースティック/電子)の楽しさについてあなたなりの意見を教えてください。

新垣 アコースティックピアノも電子ピアノも、それぞれの良さがあると思います。共通することはその楽器から、表現を引き出していくというところ。そこを審査の先生も聴くと思います。楽器とどのように対峙するか、楽器とどう会話をするか。自分と楽器の会話ということですね。そこが演奏に現れるのでそこを聴くことになると思います。
──こんな練習をすると上達する(かも)ってことはありますか?

新垣 私としてここでお伝えするのはいろいろな音楽をたくさん聴いてほしいということ。自分がどう弾きたいのか、どういう弾き方が好きなのか、この音楽のどこが好きなのか……そういうものが楽器の表現に表れます。自分としてはそのいろんな音楽、クラシックに限らず、現代のたくさんの作品も、貪欲に聴くということが、まず第1歩ではないかと思っています。

このコンクールは既存のコンクールとは少し違う、音楽やピアノが好きな人が誰でも挑戦できるという趣旨です。音楽やピアノで表現したいと思っている人はぜひ参加してもらいたいです。上手であるっていうことだけではなく、自分はこういうピアノを演奏することがとても好きなのだということを大切に。そこを一番大事としているのがこのコンクールだと思いますので、音楽を、そしてピアノを弾くことが好きで楽しいと思ってる人、ぜひ参加してほしいと思っています。

なお、新垣は2月5日(土)、代官山の月見ル君想フにて行われる<月見ル君想フpresents Grand Piano Night 2022>に登場することも決定しており、合わせてご覧いただきたい。

【新垣隆 プロフィール】
1970年東京都出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを森安耀子の各氏に師事。2015年「ピアノ協奏曲新生」、2016年「交響曲連祷 Litany」を発表。コンサートのための作品、バレエ、映画、ゲームなど様々なジャンルの作曲も手がける。川谷絵音プロデュースのバンド「ジェニーハイ」にキーボードとして参加。2018年、桐朋学園講師に復職。2019年、富山桐朋学園大学院大学特任教授に就任。2020年、大阪音楽大学客員教授に就任。教育の分野において重責を担う。2020年7月、オンライン音楽教育サービス「シブヤ音楽大学」の学長に就任。日本現代音楽協会、日本演奏連盟会員。

▲審査員一覧(順不同 敬称略) 新垣隆/小川理子/瀨崎紀子/前田祐里/山本有紗/ロー磨秀(マシュー・ロー)/菊地沙織/降旗真理子/山藤佳世/ikki

<otto piano Concours vol.01 supported by Technics>

エントリー&詳細はこちらから
https://otto-piano.com/otto/piano/?p=1998

■コンクールスケジュールについて
・エントリー受付開始/2022年1月25日(火)〜
・エントリー受付締切/2022年2月15日(火)23時59分まで
・決勝進出者発表/2022年2月25日(金)
・一般投票&審査スタート/2022年3月5日(土)
・一般投票締切&審査締切/2022年3月22日(火)
・決勝大会結果発表/2022年3月29日(火)

<月見ル君想フpresents Grand Piano Night 2022>

2月1日(火)
小川美潮4to3 春のスペシャルライブ
出演:小川美潮4to3BAND
前売り¥5,500 / ¥6,000円 ドリンク代別途
配信 ¥2,500円
開場18:30/開演19:00

2月2日(水)
草田一駿五重奏体系ワンマンライブ
出演:草田一駿五重奏体系
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 ドリンク代別途
配信 ¥2,000
開場 18:30 開演 19:30

2月4日(金)
PAJAMA PARTY AFTER PARTY
出演:パジャマで海なんかいかない
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000 ドリンク代別途
配信 ¥2,500
開場 18:30 開演 19:30

2月5日(土)昼
新垣隆×梅井美咲
前売 ¥3,500 / 当日 4,000 ドリンク代別途
配信 ¥2,000
開場 12:00 開演 12:30

2.5日(土)夜
jizue grand piano one man live in TOKYO
出演:jizue
前売 ¥4,500 / 当日 5,000 ドリンク代別途
配信 ¥2,500
開場 18:30 開演 19:30

2月6日(日)
あっぱ単独公演
出演:あっぱ
前売 ¥4,000 / 当日 4,500 ドリンク代別途
配信 ¥2,500
開場 18:00 開演 19:00

2月7日(月)
比屋定篤子 with 笹子重治 新春スペシャルライブ
スペシャルゲスト:鬼武みゆき(ピアノ)
前売り3500円 / 当日4000円 (ドリンク代600円別途)
配信チケット2000円
開場18:30 / 開演19:00

2月8日(火)
高井息吹×児玉真吏奈
前売り3000円 / 当日3500円 (ドリンク代600円別途)
配信チケット2000円
開場19:00 / 開演19:30
◆<Grand Piano Night 2022> オフィシャルサイト

◆otto オフィシャルサイト
◆新垣隆 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報