デーモン・アルバーン、「彼女は曲を作っていない」発言でテイラー・スウィフトに謝罪

ツイート

Photo by LINDA BROWNLEE

ブラー/GORILLAZのデーモン・アルバーンが、インタビューでテイラー・スウィフトについて「自分で曲を作っていない」と発言したことに対し、テイラーから抗議され、謝罪した。

◆デーモン・アルバーン画像

アルバーンは『Los Angeles Times』のインタビューで、「彼女は自分の曲を作っていない」「ソングライターと、共作するソングライターとでは全く違う」などと話し、テイラーよりビリー・アイリッシュに魅かれると、ビリーを評価していた。

これに対し、テイラーは月曜日(1月24日)、デーモンに宛て「これを見るまで、私はあなたの大ファンだった。私は自分の曲全てを作ってる。あなたのホットテイクは完全に誤りで、すごく有害。私の曲を好きになる必要はないけど、私の曲作りの評判を落とそうとするなんて本当に不快。ワオ」とつぶやいた。

アルバーンは、これに直ちに返信。「君に完全に同意する。僕はソングライティングの話をしていて、悲しいことに、それはリンクがクリックされるために端折られた。僕は素直に、無条件で謝罪する。君のソングライティングの評判を落とそうなんて、僕が最も望んでいないことだ。理解してくれるよう願ってる」と謝罪した。

テイラーと何度も共作しているジャック・アントノフもカチンときたようで、「僕はデーモン・アルバーンには会ったことないし、彼が僕のスタジオに来たこともない。でも、彼はテイラーが作ったり持ち込んだ曲について、僕ら以上に知っているようだ」「その場にいたのなら…よし…出てけ。いなかったのなら…そうだな…黙ってろ」とつぶやいている。









Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報