ニール・ヤング、間違った情報を広めていると、Spotifyからの撤退を要求

ツイート

ニール・ヤングは、新型コロナウイルスのワクチンに関し間違った情報を広めていると批判されるコメディアン、ジョー・ローガンのポッドキャスト番組を独占配信しているSpotifyに不満を示し、それを止めないのであれば、自身の楽曲をSpotifyから撤退させるとの要求を突き付けたそうだ。

◆ニール・ヤング画像

すでに削除されたというが、ヤングは月曜日(1月24日)、「ローガンかヤングどちらかだ。両方はありえない」との公開書簡を自身のウェブサイト『Neil Young Archives』に掲載したという。マネージメントやレコード会社に向け、「Spotifyに今日すぐ、俺の音楽をプラットフォームから削除したいと伝えてもらいたい」と綴っていたそうだ。

ローガンの番組は陰謀説を信じる人たちを中心に人気で、ヤングは「Spotifyはワクチンに関する偽情報を広めており、それを信じた人たちに死をもたらす可能性があるから、こうしている」「Spotifyには間違った情報を広げるのを防ぐ責任がある」と、抗議している。

現時点、ヤングの楽曲もローガンのポッドキャスト番組『The Joe Rogan Experience』も削除されておらず、Spotifyからコメントはなされていない。ローガンの番組に対しては、公衆衛生当局者たちからも対応策を講じるよう要請があったという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報