スラッシュ、AC/DCとのアクセル・ローズのパフォーマンスに「ぶっ飛んだ」

ツイート

2016年、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズがブライアン・ジョンソンの代わりにAC/DCのツアーに参加したとき、スラッシュはそれを直接目にし「ぶっ飛んだ」そうだ。

スラッシュは『Classic Rock』誌最新号のインタビューで、改めてこう振り返った。「ロンドンの公演を観に行ったんだ。驚異的(なパフォーマンス)だった。俺はぶっ飛んだよ。とくに、彼(ローズ)がボン・スコットの曲を歌っているときにね。あれは本当に誇らしいモーメントだった」

スラッシュとダフ・マッケイガンがガンズ・アンド・ローゼズに復帰し、活動を再開したばかりで、アクセルが他のバンドのフロントマンを務めるのを見るのは変な気分ではなかったかと問われると、「それはなかった。AC/DCだぜ!」と答え、「彼が頼まれたなんて、すごくクールじゃないか。そして、彼は力を尽くした。彼はAC/DCの計画がくるうのを防ぎ、成功させた」と話した。「最初に聞いたとき、ちょっと不安はあったよ。正直言うとね。彼がやるのはすごく誇らしいが、ガンズはどうなるのかって。その時はわからなかったからな。でも結局のところ、問題なかった」

スラッシュはダフ・マッケイガンと共に、2016年6月4日にロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで開かれた公演を観に訪れた。当時、スラッシュは「昨晩のオリンピック・スタジアムでのACDC/アクセルのギグは、素晴らしいという以外のなにものでもなかった。忘れられない夜としか言いようがない!」と、マッケイガンは「THE BELL! @acdcと@axlrose ロンドン。全くもってエピックな体験だった!」と絶賛の言葉をツイートしていた。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報