スティーヴ・ヴァイ「デイヴィッド・リー・ロスからいろいろ学んだ」

ツイート
Photo: Larry DiMarzio

80年代半ば、ヴァン・ヘイレンを脱退したデイヴィッド・リー・ロスのバンドに参加したギタリストのスティーヴ・ヴァイが、当時の思い出を語った。

◆スティーヴ・ヴァイ画像、動画

IndiePower.comのインタビューで、あの時代のいい思い出について問われたヴァイはこう話した。「そうだな、たくさんあるよ。ツアーだろ、それにデイヴィッド・リー・ロスのソロ・バンドに加入し、文字通り一夜にしてロック・スターになったこととか……。彼がヴァン・ヘイレンを脱退したのは、衝撃だった。ツアーは……、ああ、あれを体験できて僕は本当に良かったと思ってる。他にもいろいろあるよ。僕とビリー(・シーン)、グレッグ(・ビソネット)の間の絆は、今でもそうだが、すごく強い。何ものにも代えがたい生涯にわたる関係、それを手に入れた」

「それと、僕がすごく楽しんでいたのは、デイヴからいろいろ学ぶことだ。彼は情熱的な人だ。僕ら、たくさん出かけ、山登りなんかも言ってたよ。彼は当時、登山に凝ってたんだ。だから、僕ら、優秀なガイドを雇い出かけてたよ。それに、彼のおかげでワークアウトを始めるようになった。あのバンドに加入したときの僕はひょろひょろだったからね(笑)。どれも楽しかった。あの時代は本当に楽しかったよ」

ヴァイとシーン、ビソネットは2019年、ジェフ・スコット・ソートをヴォーカリストに迎え、このイート・エム・アンド・スマイル・バンドを再結成し、米カリフォルニアでライブを行った。

ロスがこのまま引退するのであれば、彼を含めた再結成はもうないかもしれない。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報