米LAの4人組女性アートロック・バンド“ウォーペイント”、6年振りとなるニューAL『Radiate Like This』5月リリース

ツイート

フジロック出演をはじめ、Harry Stylesの来日公演に出演を果たすなど、日本でも高い人気を誇っているLA出身の4人組女性アートロック・バンド、ウォーペイントがニュー・アルバム『Radiate Like This』を2022年5月6日にリリースすることを発表した。

◆ウォーペイント 関連動画&画像


本日、アルバムからの1stシングル「Champion」が解禁された。同曲についてバンドは以下のようにコメントしている。 「自分自身と、他の人のためにチャンピオンになること。私たちはみんな一緒。人生は短すぎるから、私たちがする全てのことにおいて、卓越性を目指して頑張らないといけないの」 。

2016年発表の前作『Heads Up』からの6年間、4名のバンド・メンバー、エミリー・コーカル、ジェニー・リー、リンドバーグ、ステラ・、ステラ・モズガワ、テレサ・ウェイマンは忙しい日々を過ごしてきた。出産、仕事、ツアー、ソロ・アルバム、国をまたぐ移動など、すべての出来事が最優先事項となってしまい、バンドを再始動させるにあたりロジスティクス上の課題が山積みとなっていた。20年近く共に活動してきた彼女たちにとって、バンドは家と同じような場所であり、最終的には4名が再び引き寄せられるように集まり、バンド活動を再開させた。

共同プロデューサーのサム・ペッツ・デイヴィーズ(トム・ヨーク、フランク・オーシャン他)と共に楽曲のべースとなるセッションを終えたところで、世界規模のパンデミックが発生し、バンド・メンバーはそれぞれ安全な場所に避難することを余儀なくされた。そのため、これまでとは全く異なる方法でアルバムが制作されることになった。パンデミックによって離れ離れとなり、それぞれ自身のパートを個別に録音し、楽曲を1つ1つ完成させていった。その後、当初とは全く異なるアルバムが出来上がった。ツアーができる頃までアルバムの発売を後ろ倒しにしたことで、それぞれの楽曲にさらに磨きをかけ、これまで以上に楽曲の構築と再構築に時間をかけることができた。その結果、これまでのどの作品よりも内容が濃く、ダイヤモンドのように魅惑的で誇り高い楽曲が誕生した。

「このアルバムを“Exquisite Corpse”と名付けるべきたったと言ったんだけど、すでに使われていたの」と、ヴォーカルのコーカルはジョークを言いながら、当時大きな話題をよんだバンドのデビューEPのタイトルに言及した。新作『Radiate Like This』では、バンドの魅力である4つのパートが繊細に絡み合い、それぞれの個性がこれまでよりもさらに光り輝く作品となっている。


『Radiate Like This』

2022年5月6日(金) 
再生/購入リンク:https://virginmusic.lnk.to/RadiateLikeThisPR

■Tracklist
1. Champion
2. Hips
3. Hard To Tell You
4. Stevie
5. Like Sweetness
6. Trouble
7. Proof
8. Altar
9. Melting
10. Send Nudes

◆ ウォーペイント オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報