【インタビュー後編】Qaijff、譲れないものを取り戻した2人が向かう先

ツイート

2021年12月24日に地元である愛知の名古屋 三井住友海上しらかわホールで自身初のオーケストラコンサート<Qaijff Orchestra Concert「live my city Q 2021」>を成功させたピアノロックバンド、Qaijff。そこに辿り着くまでの日々について伺うべく、公演の翌日、メンバーの森彩乃(Vo,Pf)と内田旭彦(B)にロングインタビューを行なった。

◆Qaijff ライブ映像


インタビュー前編では、オーケストラコンサートの話をはじめ、深い葛藤を抱えていたレコード会社在籍時代から、群発頭痛による三輪幸宏(Dr)の活動休止、森の母校である名古屋音楽大学とのオーケストラコラボレーション配信企画が実現に至るまで、激動の日々をプレイバック。


そして、今回のインタビュー後編では、バンドを本来あるべき姿に立て直していった時期、オーケストラコンサートで共演した斎藤ネコとの出会い、当日のステージで感じたこと、今後の活動についてなど、2021年以降のQaijffに迫る。音楽をやめたくなる苦悩を乗り越え、大切なものを自分たちの手に取り戻した2人の表情は、とても晴れやかだった。

   ◆   ◆   ◆

■いろんな挑戦をしながら、わかんなくなっちゃっていた自分を取り戻していった

──レコード会社に在籍していた頃の話、名古屋音楽大学とのオーケストラ配信ライブが実現に至るまでを振り返ってもらいましたけど、本当にやりたかったのはお客さんの前でのコンサートですよね。

内田旭彦(以下、内田):そうです。コロナの状況を踏まえて2020年は無観客というスタイルを取ったので、オーケストラのみなさんとも「来年こそは生でやりましょう!」と話をしていました。配信ライブの収録が12月だったし、有観客で実施するときも近い日程にしたくて。だったら、クリスマスイブに開催して記憶に残るメモリアルなコンサートにしようと思ったんですよね。

森彩乃(以下、森):次の目標をそこに定めて、また新たに動き出しました。まずは、バンドのことをひとつずついろいろ進めていった気がする。どこからだっけ?

内田:レコード会社と事務所を離れるという話を正式に進めていったのは、年が明けてからすぐに。その後ドラムの幸宏の無期限活動休止も決断していく流れでした。(https://www.sonymusic.co.jp/artist/Qaijff/info/528594)

──そのあたりの発表が2021年の4月で。

内田:でしたね。バンド名の表記も元に戻して、Qaijffの運営そのものを再構築するためのもろもろに手をつけていった感じです。ホームページやファンサロンを新しく作り直したり、新しいバンドのロゴ、グッズを作ったり。

森:レコード会社とかを全部やめて、メンバーまで活動休止って聞いたら、リスナーの方たちはネガティブなイメージを抱くかもしれないんですけど、覚悟を決めて動き出したので、思った以上にマインドをうまく持っていけたというか。そうと決めたらワクワクしてましたね、あらためて自分たちで全部を作っていくことに。新しいアーティスト写真を撮るのも楽しくて。


内田:信頼できるクリエイターの力を借りたりしながら。

森:自分たちがお願いしたい人に頼めることが、すごく幸せで。

内田:健全な状態になったと思います。森のメンタルも弾き語りのワンマンを4月、5月、6月と開催して、どんどん復活していった感じでしたね。当時は“俺が運営的な部分は整えておくから、その間はライブを頼んだ”というテンションでやっていて(笑)。

森:そのワンマンが特に楽しかったんですよね。Qaijffがホームだと思っている名古屋のAPOLLO BASEに私物をあれこれ持ち込んで、“ありのままの姿でそこに存在する” をテーマにやって。“自由っていいなあ”としみじみ感じられた時期でした。ステージを自分の部屋みたいなセットにしてライブをしたんですけど、それも内田がアイデアを提案してくれたんですよ。しまいには、「オープンからスタートまでの30分間は舞台上で寝ちゃってればいいじゃん」って(笑)。


──誰にも妨げられない環境で、好きなだけ振り切って。

森:もう、やりたいことを素直に出したなーって感じです!

内田:音楽や表現活動というのは根本的に自由なものだし、それが本来あるべき形ですよね。“誰もやったことないからやめたほうがいいよ”じゃなくて、“誰もやったことがないならやってみよう”ってマインドも。森のライブを通して、ピュアな部分に立ち返っていけたのはすごくよかったです。

森:そこからはもう“やりたいことをなんでもやろう!”と思って、洋服のブランド「誰かになりたいわけじゃない」(https://drk2021.stores.jp/about)も立ち上げたり。いろんな挑戦をしながら、わかんなくなっちゃっていた自分を取り戻していった感じがします。


──Qaijffにとって、2021年はそういう年だったのかもしれないですね。大切なものを取り戻しにいく。

森:いやー、本当にそうです。その途中で斎藤ネコ(オーケストラコンサート<live my city Q 2021>にスペシャルゲストとして参加)さんと出会えたのも、すごく大きな出来事でしたね。

──斎藤ネコさんとの出会いについても、ぜひ聞かせてください。

森:前回の名古屋音楽大学とのオーケストラ配信ライブをYouTubeにアップしたあと、すぐにTwitter経由で連絡をくださったんです。

内田:そんなことが起こるなんて想像もしてなかったので、びっくりでした。で、これは絶対に書いてほしいんですけど、最初のアプローチからしてね……“もう、ズルいなあ”と思ったんですよ。

──ズルい?

内田:Twitterで「はじめまして、斎藤ネコです。YouTubeを観ました。素晴らしかったです」とDMを送ってくださったんですけど、その文末が「僕も趣味でアレンジをやっているので」みたいな感じになっていて。

森:あはははは(笑)。趣味であるわけがないのにー!


内田:“ネコさんが趣味なら、俺らはなんなのよ!”ってなっちゃいますよね。そこで斎藤ネコさんという人の凄みを早くも感じました。でも、嬉しかったです。だって、自分たちの意志で、自分たちの感覚で作ったオーケストラアレンジを、自分たちが好きな音楽を作ってきた斎藤ネコさんのような方が観てくれて、「素晴らしかった」と連絡までしてくださったわけですから。自信にもなった。その言葉を真に受けて(笑)、共演のオファーを即行でしちゃったんですよね。

森:急展開ですよね。なのに、こんな私たちの申し出を受けていただいて。7月にはひさしぶりにQaijffのワンマンをAPOLLO BASEでやったんですけど、そのときに“ライブを観ないで共演というのもアレなんで”みたいな感じで会いに来てくださったんです。

内田:ありがたいことに、はるばる東京から愛知までね。

──それも嬉しいですね。

森:そのときに初めて直接お会いしたんですけど、ものすごく気さくな方で驚きました。

内田:間違いなく人生で大きな影響を受けた1人に、僕らの中でもうすでになっちゃった感じだよね。音楽的にもそうだけど、人間的にもすごい。10月に名古屋の熱田文化小劇場でやった森の弾き語りワンマンにも来てくれて。

森:大きすぎる出会いでしたね。YouTubeやTwitterきっかけでまさかの……! めちゃくちゃお忙しい方なのに、今回どれだけ私たちのために時間を費やしてくれたんだろうって。

内田:2021年、Qaijffといちばん話してくれた人です。家族以上と言ってもいいくらい。


──オーケストラコンサートの準備が本格的に始まったのは、夏頃でしたっけ?

森:そうですね。実作業の面で言うと、これもびっくりなんですけど、自分たちで作ったオーケストラアレンジや譜面も、ネコさんが全部チェックしてくれたんですよ。オンラインでやり取りしながらおかしい部分とかを、先生みたいに教えてくださる感じで。3日に一度くらいZoom講座をやってもらっていた時期があって、そのおかげでがんばれたのも絶対にありますね。

内田:気持ちを上げてもらいました。あと、どんなときもユーモアを忘れない姿勢も本当に素敵で。それでいて大切なことは濁りなくちゃんと伝えてくれる感じ。そのバランスがすごくて。



森:そうそう。学生を含めたオケのみなさんに対しても、それはまったく変わらない感じで。

内田:アレンジを変えるときも、そうしたほうがいい理由を受け取りやすい言葉で伝えてくれるんです。度量の大きさがすごかったですね。

森:私たち「すごい」ばっかり言ってる(笑)。

内田:音楽の楽しさを再確認させてもらったし、今まで知らなかったアレンジの極意とか、より音楽を深く追求していくことの楽しさも教えてもらいました。

森:“こうするとこうなるんだー!”みたいな発見がたくさんあったよね。

──2人がそうやってどんどん吸収していける感じの性格だから、ネコさんも付きっきりで教えたくなったのかもしれないですね。

森:ありがたい限りです。本当に付きっきりで見ていただいた感じなので。

◆インタビュー(2)
この記事をツイート

この記事の関連情報