【ライブレポート】近藤玲奈、コンセプトAL『11次元のLena』を引っさげた2ndライブ

ツイート

近藤玲奈が2021年12月1日リリースのコンセプトアルバム『11次元のLena』を引っさげて、2022年1月29日に<近藤玲奈2nd LIVE~11次元のLena~>を東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催した。

◆ライブ写真

ライブのタイトル通り、『11次元のLena』の世界を表現するものとなった本公演。昼・夜公演の模様をレポートする。

   ◆   ◆   ◆

“暴力的”というキーワードからスタートし、そこから世界観を膨らませ完成させていったコンセプトアルバム『11次元のLena』。中学生の“僕”と“玲奈”、そして11次元にいる玲奈のもうひとりの自分“Lena”の物語が楽曲として描かれていくのが特徴的で、曲ごとに主人公が変わったり、ブックレットに物語を補完するショートストーリーが掲載されていたりする。また、それ以外にも明かされていない物語や設定があるということは数々のインタビューでも触れられていた。



そんな『11次元のLena』の世界観をライブでどう表現していくのかというのが一つの見どころではあったが、アルバムの楽曲をすべてやるというだけでなく、曲の前後にBGM付きの朗読を挟み、さらに物語に添った新曲を2曲も披露するなど、観客が『11次元のLena』の世界を、より解像度高く感じられるような仕掛けが施されていた。

作品の世界へ引き込むトラックが鳴り響くなか、黒いセーラー服で登場した近藤玲奈。オープニングの「Overture」……いわゆる序曲は、歌ではなくサウンドとモノローグ(朗読)となる。そこで“僕”が怒りにも近い感情を吐き出したあと、“僕”視点の楽曲「僕だけが消える世界」へと繋がっていく。



近藤は、感情を爆発させながらも不安定な“僕”を表現していったかと思えば、続く「Interlude1」では、“玲奈”になり、混沌としたBGMのなかで彼女の心境を語っていく──。そこで、周りに合わせていた自分の中に“黒い感情”が広がっていく“玲奈”の心の葛藤が手に取るように分かった。その後、鋭い目つきで“玲奈”視点の「Erase Me」を歌っていくのだが、これも歌詞にある心情をそのまま声にしていて、“玲奈”の葛藤やいらだちや苦悩がごっちゃになっている様子が伝わってきた。



「Interlude2」は“黒い感情”の正体でもある、彼女の中のもうひとりの“Lena”と決着を付けに屋上へ行くというストーリー。トラックには鼓動や廊下を駆ける音、ドアが開く音などのSEもあって、どんどん物語に引き込まれていく。そして“僕”と“玲奈”が出会う、作品で唯一と言ってもいい明るさを感じる楽曲「放課後のデカダンス」へ……。同じ想いを抱くふたりが「ねえ死にたくなったらまたここで会おうよ」と約束をするのが何とも儚く切ない。



このシーンはこのあとの「Interlude3」でより詳しく描写される。“僕”視点でのモノローグになるのだが、これはアルバムのブックレットに掲載されたショートストーリーのままであった。ふたりの距離が縮まり、少しの希望が感じられた瞬間から、突如“僕”の後悔へと変わっていく話なのだが、なぜそうなったのかは、アルバムでは詳しく描かれていない。

それがこのライブでは新曲「逆さまの世界」として表現された。おそらくこのセットリストの中でも一番辛い状況が描かれているのだが、時折美しさをも感じる彼女の歌声が印象的だった。そしてそのまま「僕が愛される日は」へ。この曲は近藤玲奈自身が作詞した曲で、ここで“玲奈”と会えなくなった“僕”の絶望を歌い、さらに新曲「Lena」へと続いていく……。アルバムにはない“Lena”視点の曲で、オルタナティヴなサウンドに乗せた、どこか浮遊感のあるボーカルは、これまでの曲とまったく違うものだった。



そして物語を締めくくる「ライカ」へ。アンビエントミュージックのような美しさを持ったサウンドに包まれながら、“玲奈”を失った“僕”の心境を歌っていくのだが、音源よりもさらに悲痛に、そして声を震わせながら最後のフレーズ“君には笑って 笑っていてほしいんだ いてほしいんだ”という言葉を残し、そのままステージを去っていく……。

映画を1本見たかのような大きな余韻を残して終わった本編。よりはっきりと、そして深く『11次元のLena』の物語を知ることができたのと同時に、その世界に入り込んでパフォーマンスをする近藤玲奈の表現者としての凄みや魅力を感じるライブだったように思う。



アンコールでは、一転してデビューシングルのピンクのワンピースを着て登場した近藤玲奈。デビューシングルのカップリング曲「Listen~真夜中の虹」を披露し、最後は力強いロングトーンを響かせる。そしてこの日最初のMCへ。

本編では作品の世界に入り、そのキャラクターになり切っていたが、ここでは正真正銘の近藤玲奈だった。やり切った本編について、体力的にではなく精神的に持っていかれると、普通のライブの疲労感ではなかったことを打ち明ける。また、今回のライブで朗読を交えたのは彼女自身の発案だったことや、最初の「Overture」の詞(台本)も自身が手掛けていたこと、そしてそれ以外の詞はアルバムのサウンドプロデューサーであるhisakuni氏が手掛けていたことなどを明かしていく。


さらに新曲については、アーカイブで歌詞を聞いて考察してほしいとしていたが、“Lena”として歌った「Lena」のボーカルに関しては「“僕”と“玲奈”を突き放すのではなく、どこかで繋がるよう願っているけど、どこか達観している不気味さを表現できたらいいなと思いました」と話していた。

さらにデビューした2021年を振り返り、「歌を通して、自分はこんなに表現できる力があったんだと思うことができたり、アーティスト活動を通して得られたものがたくさんありました」と語っていたのも印象的で、今後、彼女がアーティストとして、どんな表現をしていくのかも楽しみになった。そして最後はデビュー曲「桜舞い散る夜に」を、ファンに手を振りながら歌って、2ndライブを笑顔で締めくくった。


■LINE LIVE-VIEWING配信情報

<近藤玲奈2nd LIVE~11次元のLena~>
配信日時:2022年1月29日(土)(2部制)
視聴チケット価格:¥4,220(券面価格¥4,000+システム利用料¥220)
視聴チケット販売期間:2022年1月27日(木)18:00~2月5日(土)22:00
アーカイブ配信期間:2022年2月5日(土)23:59まで
視聴チケット購入ページ:
https://viewing.live.line.me/liveg/800

この記事をツイート

この記事の関連情報