ロックの殿堂、2022年度の候補発表

ツイート

米Rock & Roll Hall of Fame Foundationは水曜日(2月2日)、2022年にロックの殿堂入りするアーティストの候補を発表した。

今年は以下の17アクトがノミネートされた。*()内は候補に挙がった回数。

ベック(初)
パット・ベネター(2)
ケイト・ブッシュ(3)
ディーヴォ(3)
デュラン・デュラン(初)
エミネム(初)
ユーリズミックス(3)
ジューダス・プリースト(3)
フェラ・クティ(2)
MC5(6)
ニューヨーク・ドールズ(3)
ドリー・パートン(初)
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(4)
ライオネル・リッチー(初)
カーリー・サイモン(初)
ア・トライブ・コールド・クエスト(初)
ディオンヌ・ワーウィック(2)

半数近い7アクトが初めて候補に挙がり、1996年11月にデビュー・アルバム『Infinite』をリリースしたエミネムは、“初のシングルもしくはアルバムをリリースしてから25年が経過していること”という基準を満たしてすぐにノミネートされた。

早速、特設サイト(https://vote.rockhall.com/en/)にてファン投票が開始され、現時点、パット・ベネターがトップにつけ、ドリー・パートン、デュラン・デュランと続いている。投票は4月29日まで受け付ける。

殿堂入りするアーティストは5月22日に発表され、式典は秋に開催される。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報