ビートルズ、エルトン・ジョン、ダニエル・クレイグらも登場する傑作ドキュメンタリー『エリザベス 女王陛下の微笑み』6月公開

ツイート

『Elizabeth』(原題)が邦題を『エリザベス 女王陛下の微笑み』とし、2022年6月より劇場公開される。

◆『エリザベス 女王陛下の微笑み』 関連画像

本日2月6日で在位70周年を迎える英国君主エリザベス2世。世界でもっとも有名な女性であるエリザベス女王の95年の歩みを、単なるドキュメンタリー映画としてではなく、英国流のユーモラスでポップな作品として完成させたものが本作だ。ビートルズ、エルトン・ジョン、ダニエル・クレイグ、ローワン・アトキンソンなど、著名なセレブリティたちも多数登場し、豪華絢爛な内容で老若男女を楽しませてくれることにも注目したい。

監督は『ノッティングヒルの恋人』(1999)、『恋とニュースのつくり方』(2010)、『私が愛した大統領』(2012)、『レイチェル』(2015)などで知られ、日本では2月25日に『ゴヤの名画と優しい泥棒』の公開も控えるロジャー・ミッシェル。昨年9月に65歳の若さで惜しまれながら他界、本作が遺作となった。音楽は『ガンジー』(1982)、『遠い夜明け』(1987)など4度のアカデミー賞作曲賞ノミネート歴を持つジョージ・フェントン。生誕95年そして在位70周年のエリザベス2世を祝う、豪華でスキャンダラスなロイヤルファミリーの知られざる軌跡を追った傑作ドキュメンタリーが誕生したと言える。

■監督 ロジャー・ミッシェル コメント

英国史上最高齢かつ最長在位の君主。
さらに彼女は世界史上、最高齢かつ、存命では最長在位の君主であり、現在も在位している最古の国家元首でもある。
彼女ほど多くの人が想いを馳せる人はいないだろう。
彼女はまさにモナ・リザ。誰もが知っている圧倒的存在。しかしその存在感に関わらず、実態はベールに包まれていることが多く、私たちは彼女を永遠に理解することはできない。彼女はビートルズよりもはるかに有名で、お伽話に登場する“お城に住んでいる女王”だ。しかしその一方で、彼女は安全ヘルメットを被ってリサイクル工場の開業にも現れたりする。
彼女の周りの時間と世界はいつだって台風のように目まぐるしく変化している。
ただ一人、エリザベス女王を除いて。
この作品はまさに祝福だ。まるで映画のような激動の時代を余すことなく詰め込んだ、ミステリーツアーのような仕上がりになっている。詩的で洒落ている画面には愛情いっぱいの茶目っ気あるいじりも出てくる。そしてそこには女王陛下への深い愛と畏敬の念があるのだ。
ユーモアにあふれ、時に感動的で唯一無二。
誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。

イギリス本国のみならず、日本をはじめ世界中から注目される英国王室のロイヤルファミリー。その中心にあるエリザベス2世の行動も常に大衆ゴシップの興味の的となっているが、本作は今年95歳の今なお、その家族を支える一人の女性としての魅力そして生き方を知る絶好の機会となるだろう。これまでのテレビや報道映像では見られなかった“素顔のエリザベス女王”の魅力を貴重なアーカイブ映像と共に体験できる必見のドキュメンタリー映画がついに公開となる。

なお、イギリスでは女王の在位70周年を讃える祝賀行事「プラチナジュビリー」が予定されている。5月12日(木)~15日(日)には、ウィンザー城で催される馬術イベントが開催。また、1953年に女王の戴冠式が行われた6月2日(木)を皮切りに5日(日)までを祝日とし、BBCが中継するバッキングガム宮殿で行われるコンサート、パレード、ショーなど、国を挙げての様々なイベントが行われる予定だ。

『エリザベス 女王陛下の微笑み』

2022年6月、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
監督:ロジャー・ミッシェル 『ノッティングヒルの恋人』
製作:ケヴィン・ローダー 音楽:ジョージ・フェントン  
出演:エリザベス2世、フィリップ王配、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子、キャサリン妃、
ジョージ王子、メ―ガン妃、ダイアナ元妃、ビートルズ、エルトン・ジョン、ダニエル・クレイグ、ローワン・アトキンソン ほか
2021年/イギリス/カラー/89分/英語/ビスタ/日本語字幕:佐藤恵子/原題:Elizabeth 
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:STAR CHANNEL MOVIES 宣伝:サルーテ
(c) Elizabeth Productions Limited 2021

◆『エリザベス 女王陛下の微笑み』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報