桐谷健太、3年3か月ぶり新曲で宮沢和史とタッグ

ツイート

桐谷健太の新曲「遣らずの雨と、光」が2月16日に配信リリースされることが明らかになった。

「遣らずの雨と、光」は、自身が主演する映画『ミラクルシティコザ』(2月4日公開)のインスパイアソング。桐谷演じるロックスター・ハルが劇中で歌う「マーミーの歌」をもとにした楽曲で、桐谷が「中学時代からずっと支えてもらった」と公言する宮沢和史がサウンドプロデュースを担当した。リリースに先立ち、YouTubeでは映画の映像を使用した“「遣らずの雨と、光」〜映画『ミラクルシティコザ』Ver.”が公開される。


新曲のリリースは2018年の「お家をつくろう」以来、およそ3年3か月ぶり。桐谷健太と宮沢和史は次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■桐谷健太 コメント

遣らずの雨(やらずのあめ・帰ろうとする人をひきとめるかのように降ってくる雨)は、愛する人との空間にいつも透き通った装いで降っている。映画の劇中でハルという男が歌った唄であり、新たな自分に触れたように感じた唄でもあります。誰かの夜に染み入るよう祈っています。

   ◆   ◆   ◆

■宮沢和史 コメント

人は心の底から伝えたいことがある時 叫ぼうとします
それができない時 沈黙か泣くことを選びます
この歌の中に 桐谷さんの中に棲む役者でも歌手でもない
ひとりの人間の心の声が記録できた気がしました
それは叫びでも 沈黙でも 涙でもない
静かな静かな独白でした

   ◆   ◆   ◆

「遣らずの雨と、光」

2022年2月16日(水)配信開始
https://lnk.to/yarazunoame 
※Spotify Pre-save(配信予約)実施中

この記事をツイート

この記事の関連情報