【ライブレポート】mono palette.雪見、初ワンマンライブ「自信のない僕に勇気をくれて本当にありがとう」

ツイート

「僕は性格的に自分に自信が持てず、みんなが絶対喜んでくれるはずのワンマンイベントをできずにいました」

mono palette.の雪見が、自身の誕生日の前日となる2月5日、新宿ReNYにて、初めてのワンマンライブ<yukimi 1st One-Man"untransparent">を1部、2部に分けて開催した。

◆ライブ写真

雪見の透明感のあるイメージとは相反する“untransparent(不透明)”と題されたこの日のライブの2部で誇示したのは、これまでの姿のみならず、眩しすぎるほどに輝いた雪見の姿。それは、紛れもなく、グループとして活動してきた中で獲得してきた自信から生まれてきたものだった。

照明に照らされるステージに現れる雪見。「やっと会えたね」と囁きスタートした「ハツコイソウ」から「マリオネットラヴァーズ」と、客席のボルテージを徐々に高揚させていく。歌の物語の世界へと一瞬にして引き込まれたのが、「ギラギラ」。カバー曲でありながら、曲が新たな展開を生むのに合わせて、声色と身振りを縦横自在にコントロールしながら歌い上げる姿が印象に残った。


MCで次々とテンポよく溢れだす言葉とその柔和な歌声で客席との心の距離を自然と縮めていく雪見。メンバーが4人いるmono palette.の普段のライブでは見え隠れしがちな雪見の持ち味が、この日はたしかに色濃く生きていた。出だしからお立ち台に座り込みながら物憂げに歌いだした「ヲズワルド」では、客席の熱が上昇していくのが、紫のペンライトの揺れ動く様子から伝わってくる。


ギターサウンドと憂いを含む声が絶妙にマッチした「さよならテンダー」、マイクスタンドに手をかけ、鬱屈した心情をなぞるように表現した「センスレス・ノード」といったオリジナル曲や、「メーベル」のように、どこかブルーで、マイナーな色合いの強いメロディーが、雪見の落ち着いた声色を引き立てていた。だからこそ、「きみのかみ」、ピアノの音色と雪見の声のみで魅せた「虹」をはじめとしたバラードナンバーでは一際、雪見の透明感のある声が煌めく。


バンドメンバーによるインストを経て改めてステージへと姿を現した雪見の前髪は上がり、比較するまでもなく、顔の表情がよく見えるようになった。そんな中で、テンポの速い律動的なオリジナル曲「馬鹿ばっか」、シネマティックなサウンドがシックな「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」と、アップテンポなナンバーで畳み掛ける。花が咲くほどに眩しい笑みを浮かばせる雪見から溢れだしていたのは、確信的自信だ。例えば、「ビーバー」では、その自信が特別に熱のこもった歌声として表れていて、雪見による新たな表現力が花開くときはそう遠くないことを思わせた。


これまで一度もワンマンライブを行わなかった理由は、「自分に自信が持てなかったことにある」と、リスナーに向けて書き綴ったという手紙を読み上げる雪見。しかし、こうして一人でステージへと立つことを決めたのは、雪見としての活動を終えようか悩んでいた時期に、リスナーからたくさんの元気をもらったことが一番影響しているのだという。「自信のない僕に勇気をくれて本当にありがとう。これからもっと大きくなってみんなに恩返しをしていく。今日がその第一歩だと思っています。これからも見守っていてください」。24才最後の日が、こんなに素敵な日でいいのかなと涙を零した雪見に、客席からは声援の代わりとして、たくさんの拍手が上がった。


「ヨドバシカメラの歌」「ロキ」といったアンコール曲は、一人ひとりのエッジが立っているmono palette.の雪見らしい選曲だった。本編のラストナンバーは、誕生日当日の20時に公開すると約束したオリジナル曲「アイゾーヘヴン」。この日先立って公開した新しい雪見の表情の延長線上にあるダークな世界観を持つ楽曲だ。今後の雪見を作っていくその1歩目の曲になる「アイゾーへヴン」は雪見のオリジナル曲として、今後今以上に思い入れの強い曲となっていくに違いない。ライブ後にこの日の映像を見て、想像以上に自身に自信が付いていることを改めて再確認する雪見が、これからどんな姿を創造していくのだろうと期待が膨らむライブだった。

取材・文◎小町碧音
写真◎森 好弘

セットリスト

<yukimi 1st One-Man"untransparent">
2022年2月5日(土)新宿ReNY

1部SETLIST
01「ハツコイソウ」
02「マリオネットラヴァーズ」
03「エンヴィーベイビー」
04「絶え間なく藍色」
05「永遠甚だしい」
06「ガランド」
07「メーベル」
08「さよならテンダー」
09「センスレス・ノード」
10「愛鍵」
11「虹」
12「馬鹿ばっか」
13「ダンスロボットダンス」
14「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」
15「プロトディスコ」
16「アイゾーヘヴン」
Enc1「Miracle shopping~ドン・キホーテの歌~」
Enc2「ロキ」

2部SETLIST
01 「ハツコイソウ」
02 「マリオネットラヴァーズ」
03 「エンヴィーベイビー」
04 「メーベル」
05 「夕染」
06 「ギラギラ」
07 「ヲズワルド」
08 「さよならテンダー」
09 「センスレス・ノード」
10 「きみのかみ」
11 「虹」
12 「馬鹿ばっか」
13 「ダンスロボットダンス」
14 「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」
15 「ビーバー」
16 「アイゾーヘヴン」
Enc1 「ヨドバシカメラの歌」
Enc2 「ロキ」

この記事をツイート

この記事の関連情報