YOASOBI、島本理生書き下ろし小説が原作の新曲「ミスター」配信リリース

ツイート


YOASOBIが2022年2月16日(水)に、新曲「ミスター」を配信リリースすることが決定した。

本楽曲は、島本理生・辻村深月・宮部みゆき・森絵都という4名の直木賞作家とのコラボプロジェクトから生まれた作品。“はじめて〇〇したときに読む物語”をテーマに4名の作家が小説を書き下ろし、YOASOBIが楽曲を制作するという“小説を音楽にするユニット”にとって満を持してのプロジェクトの第1弾楽曲である。「ミスター」の原作は、島本理生が今回のために書き下ろした小説「『私だけの所有者』――はじめて人を好きになったときに読む物語」。原作の主人公であるアンドロイド“僕”が、所有者“Mr.ナルセ”に抱いた名前を知らない“はじめての感情”から綴られる、切なく儚いシティポップに仕上がっている。

楽曲のティザー映像も本日公開されており、ティザー映像は、2020年5月にリリースされた「ハルジオン」のミュージックビデオを手掛けた“異次元TOKYO”が担当。ボーカルikuraによる原作小説の朗読と、楽曲を一部聴くことができる。

また、今夜2月8日(火)24時より、Ayaseとikuraが毎週火曜にパーソナリティを務めているニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』にて、初フルオンエアされることも決定した。



  ◆  ◆  ◆

■島本理生コメント
「ミスター」を初めて聴いたとき、もう会えない人との記憶が優しく呼び起こされました。
YOASOBIの世界観に、自分の小説が鮮やかに溶け込んでいるのを感じて、それはとても不思議な体験でした。
たくさんの人の胸に眠る、切なくて優しくて懐かしい物語を思い出させてくれる曲だと思います。

  ◆  ◆  ◆

配信「ミスター」

2022年2月16日配信リリース
https://orcd.co/yoasobi_mr

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura
原作:「『私だけの所有者』――はじめて人を好きになったときに読む物語」 (島本理生 著 / [『はじめての』(水鈴社 刊)より])
<あらすじ>
アンドロイドの「僕」と所有者との間に何があったのか。
とある国の施設に保護された僕は、「先生」に手紙を書きはじめた。

ニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』

放送日時:2022年2月8日(火)24:00~24:58
放送局:東京・ニッポン放送 ※バーティカルシアターアプリ「smash.」との同時生配信
メールアドレス:yoasobi@allnightnippon.com
番組ハッシュタグ:#YOASOBIANNX

この記事をツイート

この記事の関連情報