カニエ・ウェスト、ビリー・アイリッシュに謝罪を要求

ツイート

ビリー・アイリッシュが先週末(2月5日)、米アトランタで開かれた公演で、オーディエンスの1人が呼吸困難に陥っているのに気づいてパフォーマンスを中断し、その女性が落ち着くまで待ったことが話題となったが、Ye(カニエ・ウェスト)はこれを、ビリーがトラヴィス・スコットを批判したと思い込み、謝罪を要求した。

◆カニエ・ウェスト画像

ビリーは、苦しそうにしている女性に「吸入器がいる?」と声をかけ、スタッフが女性を介抱する間、オーディエンスに「彼女に時間をあげて。前に押し寄せないでね。落ち着いて」「私は、みんなが大丈夫か確認するまで待ってからやる」などと呼び掛けていた。

ビリーはこのとき、トラヴィス・スコットについても、昨年11月に彼主催の<ASTROWORLD>フェスティバルで起きた、観客が前に押し寄せ10人が亡くなった惨事についても全く触れていなかったが、事件時のトラヴィスの行動と比較し伝えるメディアもあった。

カニエは、その1つを鵜呑みにしたようだ。彼は木曜日(10日)、「ビリー・アイリッシュがトラヴィス・スコットをディスった」との見出しのネット・ニュースの画像をインスタグラムに投稿し、「カモン、ビリー。俺らは君を愛してる。頼むから、トラヴと亡くなった人たちの家族に謝罪してくれ。誰もあんなこと起こすつもりはなかった。トラヴはステージにいるとき何が起きているか全く知らず、起きたことにとても傷ついていた。それと、ああ、トラヴはコーチェラで俺と一緒だ。だが、俺がパフォーマンスする前にビリーに謝罪してもらう必要がある」と抗議した。

『Variety』によると、ビリーはこれに「マジでトラヴィスのことは何も言ってない。ファンを助けていただけ」とのコメントを残したという。



カニエとビリーはどちらも4月に開催される<コーチェラ・フェスティバル>に出演する予定。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報