リアム・ギャラガー、新曲でエズラ・クーニグとコラボ

ツイート
Photo: Greg Williams

リアム・ギャラガーは、今月初めにリリースしたニュー・シングル「Everything’s Electric」でフー・ファイターズのデイヴ・グロールと共作したが、5月に発表するニュー・アルバム『C’mon You Know』には、ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ(Vo,G)とコラボした曲も収録されるそうだ。

◆リアム・ギャラガー画像

『KINK IN TOUCH』ポッドキャストにゲスト出演したリアムは、「エズラは、“Moscow Rules”って曲でいくつかマッドな楽器をプレイしている」「俺ら、アンドリュー(・ワイアット)と一緒にそれを作ったんだ」と明かしたという。

『C’mon You Know』のトラックリストはまだ発表されていないが、「Everything’s Electric」が2月4日、リード・シングルとしてリリースされた。リアムはこれをグロールと共作し、グロールはドラムもプレイした。そのグロールは参加しなかったが、リアムは先週、ロンドンで開催された<ブリット・アワーズ2022>で同曲を初ライヴ・パフォーマンスしている。

3作目のソロ・アルバムとなる『C’mon You Know』は5月27日のリリースを予定している。リアムはファースト『As You Were』(2017年)、セカンド『Why Me? Why Not.』(2019年)とも全英1位に輝いている。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報