松下洸平、ホワイトデーに新曲「KISS」配信リリース

ツイート


2021年12月22日に自身初のミニアルバム『あなた』をリリースした松下洸平が、CD購入者の中から抽選で当選した限定300名を対象とした<バレンタイントーク&ライブイベント>をバレンタイン前夜の昨日にオンラインにて開催した。

配信内では、自身が作詞作曲を手がけた「KISS」をホワイトデー当日である3月14日(月)に配信リリースすることも発表。ファンへのお返しもサプライズで用意した。

番組は「バレンタイン特別企画・バレンタイントーク&ライブへようこそ!ハロー!!」と満面の笑みで、当選した300名に向かって呼びかけてスタート。リアルタイムに届く、視聴者からのコメントを笑顔で読み上げ、「今日はバレンタイン特別アレンジでお届けしたいと思います!」と、ギター、キーボードのサポートメンバー2名と共にライブパートへ。1曲目はアルバム収録曲の「FLY&FLOW」を披露し、序盤から番組を盛り上げた。続いてミニアルバム『あなた』のジャケット撮影秘話や、先月開催されたツアーについて振り返り、アルバムタイトル曲「あなた」をアコースティックバージョンでしっとりと歌い上げた。

その後、目の前に用意された透明のBOXにギッシリと詰め込まれたメッセージカードを、一枚ずつ引いて読み上げる松下。メッセージカードには、イベントの応募時にファンから寄せられたコメントが書かれており、箱の中には見事当選した300名のメッセージが詰め込まれていた。『初のミニアルバムリリースおめでとうございます!「あなた」毎日聞いています』や、『「あなた」ずっとずっと楽しみにしていました。これからも素敵な歌をたくさん届けてください』など、ファンからの熱いメッセージを読み上げ、感謝の想いを伝えた。



そして、「僕は、皆さんに普段から応援の言葉を沢山いただいているので、これは、ホワイトデーのお返しです!」と、新曲「KISS」をホワイトデー当日に配信リリースすることを発表。誰よりも早くリリース情報を聞くことができたラッキーな視聴者300名からは「嬉しい!」「ホワイトデー配信なんて、おしゃれすぎ!」「KISSでお返し!ありがとう!」など、スクロールが追いつかないほどの歓喜のコメントで溢れ、番組は終盤に。最後にこの日だけのバレンタイアレンジで「KISS」を生歌唱し、「短い時間でしたが楽しかったです。またライブでみなさんにお会いできるのを、本当に楽しみにしています。また会いましょう!」と、約30分に渡る番組は幕を閉じた。



「KISS」は2015年に自身が作ったオリジナルソング。これまでツアーでも披露されてきていたファンからも人気の高い楽曲で、待望の音源化と言える。軽快なリズムとグルーヴィーなムード溢れるトラックに、キャッチーなメロディとピュアネスを感じるリリックを乗せた大人のラブソングに仕上がっている。

  ◆  ◆  ◆

■松下洸平 コメント
7年前に作った楽曲がこうして音源として皆様の元に届けられることを本当に嬉しく思います。
当時は、自分が今まで作ったことのないような曲で何か1曲作りたいなと思って、切ない女性の気持ちを歌った曲を作りました。
今回、リリースに向けて歌詞に手を入れたりアレンジをし直したりして突き詰めていく中で、
当時の言葉選びみたいなものに若さも感じましたが、あまり手を加え過ぎず残せる部分は残してみました。
7年前の自分と今の等身大の自分の言葉選びが混ざったような不思議な楽曲になったと思います。
色々な聴き方ができると思いますし、サウンド的にも爽快なダンスポップチューンになっていると思うので、様々な場所やシチュエーションで聴いてもらえると嬉しいです。

  ◆  ◆  ◆



この記事をツイート

この記事の関連情報