【インタビュー】HIPPY、コロナ禍の時代に鋭く斬り込むワードをぶちまけるメッセージチューン

ツイート

■感じたことや見えた景色、人あたりとかを感じてきた中で
■人と一緒にやる喜びもすべてのこの歌に入れている


――HIPPYさん自身には、変な書き込みとかはないでしょう。そんなキャラじゃないというか、

HIPPY:僕は少ないほうかもしれないですけど、でも周りの仲間とかがそれで苦しんでいるのを見ると、仲間の頑張ってる姿を応援できたらいいなという部分はあります。近くにいる仲間や家族に喜んでもらって、そこの層がどんどん広がっていくのが自分の広がり方なのかな?と思っているんで。まず自分の見えるところから(歌詞を)書かせてもらった部分はありますね。

――ああ、なんか今、腑に落ちました。自分の怒りというよりは、仲間を守るために、傷つけるものに立ち向かうという意識の歌。

HIPPY:こう思ってる奴もいるよ、と。だから大丈夫だよ、と。

――今の自分に勝てないお前が、明日なんて勝ち取れやしないのさ。ここ、グッときましたね。特にここの4行は、歌というよりは叫びに近い。

HIPPY:あれは、自分のシャウトがスピーカーを飛び越えろ!と思いながら歌いました。あそこだけは、多保さんの直しはなかったです(笑)。

――どうですか。この曲を作り終えて。言いたいことを吐き出せた感じはしますか。

HIPPY:そうですね。僕的には、去年独立したこともあって、一旦一人になって、いろいろやってみて感じたこと、見えた景色とか、人あたりとかを感じてきた中で、人と一緒にやる喜びも、すべてのこの歌に入れている部分があって。一人では行けないけども、同じ道を目指す者同士で肩を組みながら、一緒にでっかい景色を見に行こうぜという、第二章の始まり的なテーマソングだと思っています。

――ここがまた始まり。

HIPPY:そうです。独立して落ちていくという感じにはしたくなくて、だからこそ今は本当に踏ん張らないといけないということで、神にもすがりたい思いもあって、神様という言葉を入れてみたり(笑)。

――ああー。なるほど。

HIPPY:自分の力で行ける場所もありますけど、日ごろ溜めた徳が、どこかで生きる瞬間もあると思うので。そういう力を信じて、悪いこともいいことも誰かが見ているぞということを、感じながら書きましたね。


――できるわけないをやろう。これも、すごくいいフレーズだと思います。

HIPPY:これを書いている時に、自分は初めてホールでのワンマンを決めちゃったので。今までの僕を見ていると、本当に「できるわけない」をやってるし、歌詞を体現している状況になっていると思うので。誰だってホールは予約できますしライブをやろうと思えばできますけど、その中で自分がどういう形でその日を迎えれるか?というのも、この歌のドキュメンタリーとして見てもらえたらなと思っています。

――ある意味、あとに引けない状況を自ら作ってしまった。

HIPPY:そうなんですよ。めっちゃ困ってるんですけど(笑)。

――4月23日、東広島芸術文化ホール、初のホールワンマン。

HIPPY:東広島は、広島県のおへそみたいなところで、本当に素敵なホールがあって、やるならここでやりたいと思っていたので。

――どんなコンサートにしたいですか。今思っていることは?

HIPPY:自分の7周年ということもあるんですけど、デビューが遅かったので、ここに来るまで長い時間がかかってしまった。こうやってみなさんと一緒に音楽ができて最高ですということを、地元・広島からアピールできたらといいなと思っています。まずは近くの人から喜んでもらう、それが広がっていくということを、これからも体現していきたいなと思っています。

――県外の方もぜひ。基本、広島に行かないと見られない人ですからね。HIPPYさん。

HIPPY:しびれを切らして、広島に来てくれる人もいます(笑)。でも僕自身はいろんな土地に行くのが大好きなので、47都道府県でライブをやってみたい気持ちはあります。今は学校や企業に呼ばれることが多いんですけど、47都道府県でワンマンができるように、徐々にステップアップしていきたいと思います。

――楽しみにしてます。最後に、今回、多保孝一さんとコラボするという夢が一つ叶いました。今度、コラボしてみたい人はいますか。

HIPPY:はい、たくさんいます。トータス松本さんもそうですし、槇原敬之さんともコラボしたいです。槇原さんは一回、ラジオで僕を特集してくださったことがあるんです。それで交流を持たせていただいて、「いつか広島の歌を僕に授けてくれませんか」というふうにはお願いしてるんですけど。広島は、原爆が落ちてから草木が生えない場所だと言われていたんですけど、槇原さんといえば「世界に一つだけの花」という曲を持っていて、新たに花にまつわる、平和を想えるような曲を僕に授けてくださいという、手紙を書かせていただいたことがあるんです。それはぜひやりましょうというお返事をいただいているので、いつかできることを楽しみにしながら。それまでに、一緒にやりたいと言ってもらえるように、もっとステップアップしていかなきゃいけないなというふうに思っています。そういう夢があります。

取材・文:宮本英夫

リリース情報

New Digital Single
配信限定シングル「きっと神様は進めと言うだろう」
2022. 2. 2 Release
FMH-116 / FROG MUSIC
配信リンク
https://linkco.re/s9BeaE1B

ライブ・イベント情報

初のホールワンマンライブ
4月23日(土)東広島芸術文化ホール

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報