バズ・ラーマン監督によるエルヴィス・プレスリー新映画、日本公開決定

ツイート
AUSTIN BUTLER as Elvis in Warner Bros. Pictures’ drama “ELVIS,” a Warner Bros. Pictures release.Photo by Hugh Stewart

エルヴィス・プレスリーのバイオグラフィ映画『Elvis』が、『エルヴィス』の邦題で7月1日に日本公開されることが決定した。

『エルヴィス』は、エルヴィス・プレスリーの生き様を多くの伝説的なライブと共に描いたミュージック・エンタテイメント映画になるという。『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督がメガホンをとり、無名の若手歌手から時代を背負うアイコンになるまでのエルヴィスをオースティン・バトラーが、マネージャーのトム・パーカー大佐をトム・ハンクスが演じる。

(L-r) AUSTIN BUTLER as Elvis and TOM HANKS as Col. Tom Parker in Warner Bros. Pictures’ drama “ELVIS,” a Warner Bros. Pictures release.Photo by Hugh Stewart

1年以上にわたって多くの専門家による週6日以上の猛特訓を受け、ほぼ全編にわたり吹き替えなしで歌唱とダンスを行ったというバトラーは「エルヴィスのレコーディングか、僕のレコーディングかわからないようにまったく同じ歌声をやってみせることを目標にした」と語っている。『ボヘミアン・ラプソディ』で主演のラミ・マレックの役作りも支えたポリー・ベネットがムーブメント・コーチを務めたそうだ。

『エルヴィス』

2022年7月1日(金)ロードショー
監督:バズ・ラーマン『ムーラン・ルージュ』
出演:オースティン・バトラー(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)/トム・ハンクス(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)/オリヴィア・デヨング(『ヴィジット』)
【配給】ワーナー・ブラザース映画 (C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
この記事をツイート

この記事の関連情報