亜無亜危異、小林高夫(Dr)の療養に伴いサポート・ドラマーを迎えライブ開催

ツイート

亜無亜危異の東名阪企画ツアー<プランクス・イズ・ノット・デッド Vol.2>が、サポート・ドラマーを迎えて開催されることが決定した。

亜無亜危異は2月末から3月にかけて<プランクス・イズ・ノット・デッド Vol.2>を開催予定だったが、1月末に小林高夫(Dr)が心筋梗塞のため救急搬送。幸い手術は成功し生命に別条はないとのことだが、当面の間、小林は療養に専念することとなった。

このピンチを救うべく、ロック界の盟友たちがサポート・ドラマーとして参加し、ライブを開催する。

2月26日公演はDAY1<THE ROCK BAND+亜無亜危異>に変更し、THE ROCK BANDと亜無亜危異のナンバーを中心にプレイ。ドラムはTHE ROOSTERS時代から旧知の仲である池畑潤二(ROCK’N’ROLL GYPSIES)、亜無亜危異から多大なる影響を受けたと語る坂詰克彦(怒髪天)、NABO(ニューロティカ)、そして小林の息子である小林侑海(WORMS‘MEAT)が出演する。

2月27日公演はDAY2<新生ANARCHY+亜無亜危異>に変更し、90年代に活動していた新生ANARCHYと亜無亜危異のナンバーを中心にプレイする。サポートには新生ANARCHYのドラマーである名越藤丸(REGINA)、80年代からの盟友であるKEITH(ARB)、初日に引き続き坂詰克彦、そして亜無亜危異がリハーサルで使用している「P.I.G.Studio」のオーナーであり、ken yokoyama、SA等でも活動していた松浦英治(30%LESS FAT)が出演する。

ライブの内容は当初予定していたアルバム縛りの選曲では無く、各サポート・ドラマーの希望曲をプレイ。既に発売されている2日券、1日券はそのまま利用できるほか、ライブ内容の変更に伴い、希望者にはチケット払い戻しの対応も行う。名古屋、大阪の変更内容及びチケット払い戻しの詳細については近日中に発表される。

■ライブ情報

■<亜無亜危異 presents『プランクス・イズ・ノット・デッド Vol.2』>
東京・下北沢Shangri-la
<THE ROCK BAND+亜無亜危異>
2022年2月26日(土)開場18:00/開演19:00
サポート・ドラマー:池畑潤二/坂詰克彦/NABO/小林侑海

<新生ANARCHY+亜無亜危異>
2022年2月27日(日)開場18:00/開演19:00
サポート・ドラマー:名越藤丸/KEITH/坂詰克彦/松浦英治

両日とも前売:¥5,000(スタンディング・税込・ドリンク代別)
※2月26日・2月27日東京公演チケット払い戻し期間:2月18日(金)12:00~2月24日(木)23:59
※2日券の払い戻しの場合、1日分のみの払い戻しは出来ません。
払い戻し詳細はこちら http://anarchy-jap.com/news0218/

この記事をツイート

この記事の関連情報