Da-iCE 花村想太、中川晃教とデュエット

ツイート

Da-iCEの花村想太が、2月27日21時半から放送の日テレプラス オリジナル番組『中川晃教 Live Music Studio』第7回に出演する。

◆番組画像

番組では中川晃教と花村想太が 「CITRUS」 「白日」などでデュエット。アーティストの自宅に招かれたような気分のスペシャルプライベートライブを楽しむことができる。


■花村想太 コメント
自分のこれまでの音楽人生のアルバムを観ているかのような一日でした。
初心にも帰れましたし、 新しい気持ちにもなれました。
過去から未来まで全ての時間を感じられる、 そんな僕の人生の一部を聴いていただけますと幸いです!

■中川晃教 コメント
花村想太さんをゲストにお迎えして、 今年最初のLive Music Studioが始まります!
僕たちは今年の秋ミュージカル「JERSEY BOYS」で同じ役を演じる仲間です。
昨年のレコード大賞受賞で今大注目のdance &vocalグループDa-iCEの一員としてもファンの皆様を魅了している花村さん。
僕が初めて彼の歌声を聴いたのは武道館で岸谷五郎さんと寺脇康文さんが中心となって行われているイベントでした。
突き抜けるような高音とエネルギーに満ちた歌声に一気に心を鷲掴みにされました。
そして、 頭に過ったのがFrankie valliです、 彼ならきっとできるはず、 そのように勝手に確信を持ちました。
プロデューサーも同じように思っていたことを知り、 公演を観に来ていただこうという話になりました。
そして、 花村さん自身もミュージカルに興味を持ってくださっていることが伝わってきました。
余談ですが、 僕は小学6年生でミス・サイゴンを見た時、 ミュージカルへの夢が膨らみました。
ミュージカルとの出会いもさまざまだと思います。
彼が JERSEY BOYSを観にきてくれたことが、 本作の奇跡のはじまりになる、 そのように僕は確信しています。
コーラスグループの物語ですが、 メインヴォーカルもやりハーモニーもやるというタフな作品でもあります。
全曲がヒット曲で構成されていて、 ただうまく歌えばよいと言うことではなく、 芝居心で歌うところに、 コーラスグループの栄光と挫折の紆余曲折が、 見事に名曲たちによって浮きあがってきます。
花村さんも、 僕も16歳から60代?までを演じます、 とてもやりがいのある作品を僕たちが共に作り上げていきます。
LMSでは花村さんにその意気込みを伺ったり、 花村想太さんという人にフォーカスを当てた選曲も見どころです。
僕からのリクエストにも応えてくれて実現したKing Gnuさんの「白日」、
さらにはミュージカル映画『DEAR EVAN HANSEN』より「WAVING THROUGH A WINDOW」など、 どのナンバーも今の彼の歌声が光り輝いています。
お見逃しのないように!

(C)CS日テレ

放送情報

【日テレプラス 番組ページ】 https://www.nitteleplus.com/program/akinori/
【番組】中川晃教 Live Music Studio #7
【放送日時】2月27日(日)21:30~23:30
【出演】中川晃教 花村想太 
【ピアノ・アレンジ】園田涼
 ※放送スケジュールは変更になる場合があります。

【チャンネル情報】※視聴にはご契約が必要です
日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ: https://www.nitteleplus.com/
スカパー!(Ch.300)、 スカパー!プレミアム(Ch.619)
J:COM(Ch.757)ほか全国CATV ひかりTV(Ch.555)、 auひかり

・放送予定曲
「CITRUS」(Da-iCE)、 「白日」(King Gnu)、
 「Rain」(Natural Lag)、 「ラヴ・イズ・オーヴァー」(欧陽菲菲)、
ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」より
ミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」より
久保田利伸、 原田真二、 ホイットニー・ヒューストン、 Joe、 スティーヴィー・ワンダー、 ナット・キング・コール ほか
この記事をツイート

この記事の関連情報