マイケル・アンソニー、ザ・サークルの公演でD・L・ロス時代のヴァン・ヘイレンの曲を歌う

ツイート

先週末(2月12日)米ラスベガスで開かれたサミー・ヘイガー&ザ・サークルの公演で、珍しく、マイケル・アンソニーがリード・ヴォーカルを担ったという。オーディエンスに参加するよう促しながら、デイヴィッド・リー・ロス時代の「Runnin’ With the Devil」と「Ain't Talkin' 'Bout Love」の2曲を歌ったそうだ(*「Ain't Talkin' 'Bout Love」では一部)。

ヘイガーは以前、『Ultimate Classic Rock』のインタビューで、「俺らが最初にジャムしたとき、マイキーは全く歌わなかった。でも、一緒に曲作りを始めたとき、“マイク、このバックで歌ってくれないか?”って言ってみたんだ。それで、マイクが“Summer Nights”を歌い始めたとき、俺は“なんてこった、こいつ、歌える!”って思ったよ」と話していた。

一方、アンソニー本人は2014年、ラジオ番組『Lamont And Tonelli Show』の司会者から、素晴らしいリード・シンガーになるのではないかと指摘されると、「ああ、かもね。でも、僕はその手のプレッシャーはいらない。リード・シンガーっていうのは特殊な種族なんだよ」と話している。

アンソニーは、ヴァン・ヘイレン加入前のバンドSnakeではベースと共にリード・ヴォーカルも担っていた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報