NEO JAPONISM、滝沢ひなの作詞作曲の全国流通シングル「すすめ」をリリース

ツイート


NEO JAPONISM(ネオジャポニズム、通称:ネオジャポ)が、初の全国流通シングル「すすめ」を2022年3月5日にリリースする。
 
2021年はミニアルバム1タイトルとシングル7タイトルというリリース攻勢を見せたNEO JAPONISM。初の全国流通フィジカルリリースとなる今作の表題曲「すすめ」は、メンバーの滝沢ひなのが作詞作曲を手掛けた渾身の1曲。「明日が来るのがしんどくて生きづらい人の背中を押せるように」という、熱い応援メッセージが込められている。

パンクロックと日本語ロックを愛する滝沢らしく、爽快なメロディと力強いバンドサウンドも注目で、NEO JAPONISMの新境地を切り拓く楽曲に仕上がっている。カップリングにはグループのアイデンティティが刻まれたメタル曲「NO FIGHT, NO DREAM」と、キャッチーなエレクトロチューン「I'm a dreamer」を収録。またリリースに先駆け、各音楽ストリーミングサービス、配信ストアにて2月20日より先行配信される。

リリースに伴い、今作を提げたフリーライブが全国各地で開催されることも決定している。各会場では、メンバーの瀬戸みるかデザインの“金太郎飴風パッケージ”に音源が封入という、どちらがメインなのかわからない豪華仕様の会場限定盤(全5種)が販売される。金太郎飴を持って全国巡業するネオジャポを見逃さないでほしい。

さらに、8月にはグループ最大規模となるZepp DiverCity(TOKYO)でのワンマンライブが決定。先日Spotify O-EASTでツアーファイナルを迎え、懐の大きさを見せたばかりだ。こちらの詳細は後日発表される。

2019年11月に活動を開始以来、コロナ禍においても着実にステップアップしてきたNEO JAPONISM。新スローガン「“闘う” -勝つために、共に生きる-」を高らかに、攻めの手を緩めない5人に注目。

   ◆   ◆   ◆

■「すすめ」滝沢ひなのコメント
たくさんの人が共感するんじゃないかなと思いながら、この「すすめ」を書きました。
明日が来るのがしんどくて生きづらい人の背中を押せるように。嫌な明日じゃなくて、大切な明日になればいいなって。
みんなも立ち上がれ、行動しようぜ!

   ◆   ◆   ◆

■新スローガン「“闘う” -勝つために、共に生きる-」メンバー共同文
私たちが夢に向かっていく姿がみなさんの明日を生きる力になれば、という想いで掲げていたこれまでのスローガンを、さらに強い意志を込めた「勝つために、共に生きる」に一新することにしました。
私たちはこれからもみなさんと共に生き、闘い続けます。
NEO JAPONISM 滝沢ひなの、福田みゆ、辰巳さやか、朝倉あい、瀬戸みるか

   ◆   ◆   ◆

ニューシングル「すすめ」

2022年3月5日(土)リリース
2月20日より先行配信
https://linkco.re/FAqxD8Ff

<収録曲>
01. すすめ
作詞:滝沢ひなの
作曲:滝沢ひなの

02. NO FIGHT, NO DREAM
作詞:Saya, 54ROCK
作曲:Saya, 54ROCK, Sohma Miyanishi

03. I'm a dreamer
作詞:Hayato Yamamoto
作曲:Saya

ライブ情報

<フリーライブ>
日程、詳細は後日発表

<ワンマンライブ>
2022年8月15日(月)Zepp Diver City(Tokyo)
タイトル、時間等は後日発表

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報