アル・ヤンコビック、バイオグラフィ映画で彼を演じるダニエル・ラドクリフの姿を公開

ツイート

アル・ヤンコビックのバイオグラフィ映画『Weird: The Al Yankovic Story』の撮影が始まり、ヤンコビックは火曜日(2月22日)、彼を演じるダニエル・ラドクリフの姿を初公開した。

◆関連画像

もじゃもじゃ頭に髭、メガネをかけ、アコーディオンを演奏するラドクリフの写真をTwitterに投稿し、「撮影8日目:しくじり無し──僕らここで映画を撮影しようとしていると、このコスプレイヤー変人がセットに押し入ろうとする。ウーッ! 僕はファンを愛してる、が…一線ってものはあるだろ! ご心配なく、セキュリティが彼を追い出した。#WEIRDTheAlYankovicStory @TheRokuChannel」とつぶやいた。

この数日前、撮影現場でヤンコビックに扮したラドクリフの姿がパパラッチされていた。





オフィシャルの写真が公開されると、ラドクリフは「ハワイアン・シャツを着るのは責任重大だ。僕は軽くは受け止めていない」「ウィアード・アルの下劣でスキャンダルにまみれた人生の100%真実をようやく世界に伝えられることができ光栄だ」と、『People』誌にコメントしたという。

ヤンコビックは2月10日に撮影が始まって以来、「1日目」「2日目」と日々、何かしらつぶやいている。

『Weird: The Al Yankovic Story』はThe Roku Channelで独占配信される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報