【ライブレポート】マジカル・パンチライン、今後の活躍を期待させるグループ結成6周年ワンマン

ツイート

マジカル・パンチラインが2月23日に新体制初となるアルバム『キラハピ☆THE WORLD』をリリース。あわせてグループ結成6周年のワンマンライブを東京・新宿ReNYにて開催した。

◆ライブ写真(16枚)

開演時間になりオーバーチュアが流れると、メンバーが発売したばかりのアルバム衣装でステージに登場。新体制初のデジタルシングルとしてリリースした「キラハピ」からライブは幕を開けた。



この日は夏の人気曲「渚のサーフライダー」やアップテンポな「あいわなびー」をパフォーマンス、MCを挟みながら、新体制になってからの楽曲を披露していく。初披露のアルバム収録曲「やみー」のパフォーマンスを終えると会場から大きな拍手が贈られた。



アルバムから1月26日に先行デジタルリリースされたリードトラックで、既に人気曲となっている「Shiny Shoes」を披露すると、会場は一気に盛り上がりを見せた。リーダーでプロデューサーの沖口優奈が作詞、結成当初からマジカル・パンチラインとして歩んできた彼女の想いが綴られた「ずっと...」を披露、会場中からの温かな拍手で包まれながら前編は幕を閉じた。



場内スクリーンに結成時から現在に向けた写真のスライドショーが過去の楽曲と共に投影され、懐かしい映像に会場中が見入っていた。その後、メンバーが過去の衣装をそれぞれ着用し登場。「もう一度」「今日がまだ蒼くても」といった新体制以前の楽曲が披露され、歌に気持ちが入ったメンバーの目から涙も垣間見えた。



そして宇佐美空来がウクレレ演奏で「Melty Kiss」、また、ステージに機材が準備され、益田珠希がキーボードを弾きながら「ハルイロ」を披露。2曲ともアコースティックバージョンとして歌い上げる。ミドルテンポのポジティブソング「これから、私!」で後編は幕を閉じた。


アンコールではTシャツ姿で登場したメンバーが、人気曲「ONE」、タオル曲「ぱーりないと!」を披露し、最後の挨拶で、「新体制になってからの一番長いワンマンライブ、振り返ってみればあっという間で、皆様と同じ空間に入れた事嬉しく思います。本日は有難うございました!」と感謝の言葉が伝えられ、結成6周年記念の公演は幕を閉じた。



今公演は、結成7年目を迎え、さらなる飛躍を心に誓ったグループの今後の活躍に期待できる内容のライブとなっていた。なお、マジカル・パンチラインは3月6日に初の主催イベント<マジフェス>を開催する。



写真◎名和洋助

■<マジカル・パンチライン presents マジフェス>

2022年3月6日(日)東京・Veats SHIBUYA
開場 15:00/開演 15:30
[出演]CROWN POP/C;ON/マジカル・パンチライン
【チケット料金】
VIP:前売:8000円 ※前方VIPエリア
一般:前売:4000円 / 当日:4500円
【チケット受付期間】
抽選先行:2月24日18:00~2月27日23:59
一般:3月1日12:00~3月5日23:59
チケット購入:http://r-t.jp/magifes

■2ndアルバム『キラハピ☆THE WORLD』

2022年2月23日(水)発売
【通常盤】(MUCD-1479)CD 2000円
【初回限定盤】(MUCD-8162/3)CD+BD 5000円

[CD収録内容]
1. キラハピ/2. 渚のサーフライダー/3. あいわなびー/4.Magical Zombie Night~いたずらしちゃうぞ♡~/5. やみー/6.:Spotlight/7. カルミア/8. くっりっすっまっすっ/9. メロディーズ/10. Shiny Shoes/11. ずっと...

[BD収録内容]
ライブ映像(2021/10/30 開催「マジカル・パンチライン LiVE PARK 2021~来たぞ ! 全国 ! ハロウィンツアーでイタズラしちゃうぞ♡マジパン da PARTY!~」@duo music Exchange)※副音声付き

◆マジカル・パンチライン オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報