ナンシー・ウィルソン、ナンシー・ウィルソンズ・ハート名義でライヴ活動を始めた理由を説明

ツイート

ハートのギタリスト、ナンシー・ウィルソンが、ナンシー・ウィルソンズ・ハート名義でライヴ活動を始めた理由を明かした。姉アンはこれに参加していない。

◆ナンシー・ウィルソン画像

ハートの現メンバーでもあるライアン・ウォーターズ(G)、アンディ・ストーラー(B)、ダン・ウォーカー(Key)にドラマーのベン・スミスとヴォーカリストのKimberly Nicholeが加わったラインナップでプレイしている。スティクスが1月末から2月初めにかけてラスベガスで開催した50周年記念公演でライヴ・デビューした。

ナンシーは今週、米ラジオ局102.3 WBABのインタビューで、バンドのラインナップや名義についてこう話している。「ハートは去年、大規模なツアーをやらないかってビッグなオファーがあったの。でも、アンは以前のラインナップで開催することに興味を示さなかった。彼女には私に参加してほしい新ラインナップのアイディアがあったの。私がよく知らない人たちで、まだ忠誠心を持てなかった。だから、まあ無視したのよ」

ナンシー・ウィルソンズ・ハートの公演では、「新シンガーのKimberlyが加わり、全く違う形でハートの曲を聴くことができる」という。「ハートのナンシー・ウィルソンがプレイするってだけでなく、ナンシー・ウィルソンのハートでもあるの」

この先、9月に再びスティクスのツアーに参加するよう依頼されており、10月以降にヘッドライン・ツアーを計画しているという。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報