70歳&デビュー50周年を迎えるさだまさし、43作目のオリジナル・アルバム『孤悲』発売

ツイート


今年2022年4月10日に70歳を、10月25日にはグレープとしてシングル「雪の朝」でレコードデビューしてから50周年という節目を迎えるさだまさしが、前作『存在理由~Raison d'être~』以来約2年ぶり43作目となるオリジナル・アルバム『孤悲』を発売することを発表した。

昨年2021年には、セルフカバー・アルバム『さだ丼~新自分風土記Ⅲ~』とフォークカバー・アルバム『アオハル 49.69』をリリース、秋には前人未踏のソロコンサート4,500回公演を達成したさだ。ニュー・アルバムは6月1日(水)のリリースを予定しており、その直前である5月21日(土)には今年の全国コンサートツアー<さだまさし コンサートツアー2022>が千葉県・市川市文化会館よりスタートする。

またさだは、フジテレビ系『ミュージックフェア』にて2,900回記念コンサート出演時の模様が3月月間放送されるほか、3月23日からは全8本にわたるアコースティック・コンサートツアーを予定している。また、3月29日、30日にはグレープがファースト・コンサートを行った長崎NBCビデオホールにて<さようならNBCビデオホール~さだまさしコンサート~>と題して同ホール最後の公演を担当、4月6日には<文化放送開局70周年 セイ!シュン コンサート>@東京国際フォーラムホールAへ海援隊、南こうせつ、グレープ(さだまさし・吉田政美)というメンバーでの出演も決定している。

オリジナル・アルバム『孤悲』

2022年6月1日リリース

今年2022年、来たる4月10日に70歳を、10月25日にはグレープとしてシングル「雪の朝」でレコードデビューしてから”50周年”という節目を迎えるさだまさしが贈る、前作「存在理由~Raison d'être~」以来約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム。

通常盤(CD):VICL-65699 ¥3,500+税(込¥3,850)
*収録内容等の詳細は後報となります。

※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて6/1より配信開始。
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、YouTube Music、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、TOWER RECORDS MUSIC

この記事をツイート

この記事の関連情報