島津亜矢、初のネットサイン会開催決定

ツイート

島津亜矢が3月16日(水)に新曲「花として 人として」を発売する。

作詞にたかたかし、作曲に杉本眞人を迎えた今作は、ゴスペル調の壮大なバラード。大きな愛を”花”にたとえ、その咲き誇る様を人生に重ね合わせて歌う。

年間100本近くのコンサートを開催してきた島津だが、2020年から続く新型コロナウイルスの影響から公演回数が激減。中止や延期が相次ぎ、ひとときは8ヶ月以上、ステージに立つことができない状況となっていた。

デビュー以来、親子3代にわたって応援してくれるファンがいるなど、島津にとってファンは家族そのもの。ステージを降りて客席をまわるスタイルはデビュー以来の信条で、体温の感じられるふれあいをなによりも大事にしてきた。

昨今は、会場に足を運ぶことが叶わなかったり、感染対策で声を出すことすらままならない状況でも応援してくれるファンに何か発信したいと、YouTubeのチャンネルを開設。また、配信ライブも企画するなどコロナ禍でも積極的に発信をしてきた島津。今回は自身初となる「ネットサイン会」の開催が発表された。

イベントに先立ち、島津は「あまりパソコンなどに明るくない為、スタッフさんからの提案に、当初は不安しかありませんでした。他の方のサイン会の様子を拝見したところ、和気あいあいとフランクに、楽しそうにやっていらして、“これなら私にも出来るかも”と挑戦することに致しました。チャットを通して、皆さんとやり取りも出来ると聞いています。是非、たくさんの方にご参加頂けたらと思います。楽しみにしています」とコメントしている。

当日は、新曲制作の裏話はもちろん、ライフワークとなっているカバーアルバム『SINGER』へのリクエストなど、チャット機能を活用した企画を予定。新曲を手掛けた作曲家・杉本眞人も駆けつける。

■シングル「花として 人として」


▲「花として 人として」

2022年3月16日(水)発売
CDS:TECA-22018/¥1,350
「花として 人として」 (作詞:たかたかし 作曲:杉本眞人 編曲:川村栄二)
「錦秋譜」 (作詞:たかたかし 作曲:杉本眞人 編曲:川村栄二)

■オンラインサイン会詳細

日時:2022年3月16日(水)16:00~
視聴リンク:TEICHIKU RECORDSチャンネル
https://www.youtube.com/user/TeichikuEnkaKayo
対象商品購入サイト:テイチクオンラインショップ
・Aタイプ https://teichiku-shop.com/products/detail/TES0001TY4
・Bタイプ&Cタイプ https://teichiku-shop.com/products/detail/TES0001TY5
販売期間:2022年3月1日(火)12:00~2022年3月14日(月)23:59

【サイン会対象商品】
・Aタイプ:シングル「花として 人として」+ご希望の宛名入り直筆サイン色紙

・Bタイプ:シングル「花として 人として」+アルバム「2022年全曲集」+ご希望の宛名入り直筆サイン色紙+ミニポラロイド写真(チェキ)
※ミニポラロイド写真にはサインは入りません

・Cタイプ:シングル「花として 人として」+アルバム「2022年全曲集」+ご希望の宛名入り直筆サイン色紙+サイン入りポスター

◆島津亜矢 テイチクエンタテインメント
この記事をツイート

この記事の関連情報