アル・ヤンコビック映画、エヴァン・レイチェル・ウッド演じるマドンナの姿公開

ツイート

アル・ヤンコビックが、自身のバイオグラフィ映画『Weird: The Al Yankovic Story』でエヴァン・レイチェル・ウッドが演じるマドンナの姿を公開した。

◆関連画像

ヤンコビックは写真とともに、映画にはウッドほか、レイン・ウィルソン、トビー・ハス、ジュリアンヌ・ニコルソンが出演することを明かした。



ヤンコビックは80年代半ば、マドンナの「Like A Virgin」のパロディ「Like A Surgeon」をリリースしていた。彼を一躍有名にしたのは、マイケル・ジャクソンの「Beat It」のパロディ「Eat It」(1984年)で、映画にはマイケル・ジャクソン(役の俳優)も登場するのかもしれない。

ヤンコビックは先週、彼を演じるダニエル・ラドクリフの姿を公開していた。こちらはパパラッチに先を越されていたが、それに負けじと今週、「パパラッチが手に入れられなかった特別独占写真。どうだ、TMZ!!」と、ラドクリフがかぶるかつらの内側の画像をTwitterに投稿している。



『Weird: The Al Yankovic Story』は、日程はまだ明かされていないが、The Roku Channelから独占配信される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報