沖野修也率いるKYOTO JAZZ SEXTET、レジェンダリー・ドラマー森山威男を全面フィーチャーした新作『SUCCESSION』発売決定

ツイート
(c)Yusuke Yoshinaga

ワールドワイドな活動を展開するDJ/音楽プロデューサー・ユニット、Kyoto Jazz Massiveの沖野修也が2015年に始動させたアコースティック・ジャズ・ユニット、KYOTO JAZZ SEXTET。

◆KYOTO JAZZ SEXTET 関連画像

類家心平(trumpet)、栗原 健(tenor sax)、平戸祐介(piano)、小泉P克人(bass)というジャズをベースにしつつもジャンルを横断する活動を展開する精鋭ミュージシャンを従え、単なる懐古趣味にとどまらず、“ジャズの現在”を表現することをコンセプトとし、これまでに『MISSION』(2015年)、『UNITY』(2017年)という2枚のアルバムを発表した。

そして、4月13日(水)に5年ぶりとなる新作『SUCCESSION』をリリースすることが発表された。今回は「KYOTO JAZZ SEXTET feat. 森山威男」名義での作品で、その名の通り、ジャパニーズ・ジャズ・ドラムの最高峰、森山威男を全面フィーチャーしている。両者は2021年11月20日に新木場ageHa@STUDIO COASTにて開催されたTokyo Crossover/Jazz Festival 2021にヘッドライナーとして出演し初共演。世代を超えた気迫みなぎるコラボレーションで、オーディエンスを圧倒した。

アルバムには、日本のみならず海外のクラブ・ジャズ・リスナーにも人気の森山威男の代表的レパートリーに加え、沖野修也が今回のコラボレーションのために書き下ろした新曲「ファーザー・フォレスト」を収録。スタジオデデの吉川昭仁によるオール・アナログ録音による骨太でダイナミックなサウンドも魅力となっている。

近年、海外でも熱い注目を集めている日本ジャズの新たな決定盤となる強力作。発売に先がけて、「ファーザー・フォレスト」が3月30日に先行配信される予定。尚、UNIVERSAL MUSIC STOREとライヴ会場限定で、前述のTokyo Crossover/Jazz Festival 2021でのステージを収録したライヴDVDが付くスペシャル・セットが販売(数量限定)される。


『SUCCESSION』

2022年4月13日(水)発売
UCCJ-2206 ¥3,300(税込)
BLUE NOTE/ユニバーサルミュージック
ご予約:https://store.universal-music.co.jp/product/uccj2206/

■収録曲
1.フォレスト・モード
2.風
3.ファーザー・フォレスト
4.ノー・モア・アップル
5.サンライズ
6.渡良瀬
7.見上げてごらん夜の星を

KYOTO JAZZ SEXTET
類家心平 trumpet
栗原 健 tenor saxophone
平戸祐介 piano
小泉P克人 bass
沖野修也(vision, sound effect)
featuring
森山威男 drums
★2021年11月、2022年1月、東京、スタジオデデにてオール・アナログ録音
Produced by 沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)
Recorded, Mixed and Mastered by 吉川昭仁 (STUDIO Dedé)

◆KYOTO JAZZ SEXTET オフィシャルサイト
◆森山威男 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報