クワイエット・ライオット、新作に故フランキー・バネリのドラム演奏を収録

ツイート

クワイエット・ライオットのニュー・アルバムでは、2020年に亡くなったフランキー・バネリが生前録音していたドラム・パフォーマンスを聴くことができるという。

◆クワイエット・ライオット画像

過去にレコーディングした未発表曲からドラムのパートを取り出し、それをもとに新しい音楽を制作しているそうだ。シンガーのジジー・パールは、『The Classic Metal Show』のインタビューでこう説明した。「改造してる。基本的に、フランキーのドラムを……、オペレーションってゲーム知ってるだろ? ピンセットでつまむやつ。俺ら、彼のドラムを抜き出して、それをもとに新しい音楽を作った」

まだリリース時期は不明だが、「新しい音楽がある。みんなが興味を持ってくれるといいなと思ってる」と話した。



クワイエット・ライオットは、2020年8月にバネリが癌で亡くなって以降、ルディ・サーゾ(B)が復帰し、ジョニー・ケリーがバネリの後を継いだ新ラインナップで、昨年秋からライヴ活動を再開している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報