ayahoと和ぬか、小芝風花主演『妖怪シェアハウス』続編+映画主題歌でタッグ

ツイート

ayahoが、4月にスタートする連続ドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(テレビ朝日系)と6月に公開される映画『妖怪シェアハウス』の主題歌を歌唱することが発表された。作詞、作曲は和ぬかが担当するという。

◆関連画像

小芝風花が主演を務める『妖怪シェアハウス』は、妖怪たちの助けを得ながら自身の直面するトラブルや悪い奴らに打ち勝ち、成長していく主人公・目黒澪の姿を描いたホラーコメディ。主題歌は3月12日23時半に放送される予告編の中で公開される予定となっている。

   ◆   ◆   ◆

■ayaho コメント

妖怪シェアハウスも小芝風花さんも大好きなので嬉しくて、夢のようです。
澪の言動や妖怪たちの声掛けが歌詞に入っていて、元気付けられる曲になっていると思います。
ドラマの世界に入って、澪や妖怪たちになった気持ちで歌わせてもらいました。
毎回この曲が流れた時にワクワクしてもらえたら幸せです。

   ◆   ◆   ◆

■和ぬか コメント

今回、主題歌を作詞作曲をさせていただきとても光栄です。
妖怪シェアハウスは、人生で理不尽なことがあった時に一人で悩むことが1番良くない事だと教えてくれた作品です。
パワフルな楽曲をayahoさんの素敵な歌声とともにお楽しみください。

   ◆   ◆   ◆

■小芝風花 コメント

もともと和ぬかさんの曲が好きで、たくさん聴かせて頂いていたので、
主題歌の制作を担当してくださると聞き、本当に嬉しかったです。
和のテイストとポップさが、妖怪シェアハウスにぴったりで、ayahoさんの歌を聞いていてワクワクしました。
冒頭の「馴染の援助で海原へ」という歌詞が、澪にとっての妖怪さんたちだなぁと。
ドラマと映画、両方にぴったりの楽曲なので、作品の中で流れるのがとても楽しみです。

   ◆   ◆   ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報