キッスのジーン・シモンズ「ロシアで公演を開くな」

ツイート

キッスのジーン・シモンズ(B)は、ロシア軍がウクライナに侵攻したのを受け、全てのミュージシャンが連帯し、現状、ロシアにてパフォーマンスするべきではないと発言した。

◆関連画像

『TMZ』から、まだロシアで公演を開く予定のバンドは多いとの話を振られると、「俺らは行かない。ロック・コンサートを開くどころではない、より大きな問題だ」「そこで公演を開く(のを正当化する)ならば、ステージ上で政治的発言をするんだな。俺は通常、そういうのには反対だ。でも、これは政治以上のものだ。狂気の沙汰だ」と答えた。

「もし、西洋のバンドがロシアでプレイしたら、プーチンの勝ちを認めるようなものだ」「誰も行かないよう勧める。シャットダウンしろ。ロシアのウォッカを飲むのを止めろ」

キッスは以前、大金を積まれボツワナで公演を開くよう依頼があったが、差別を容認することになるので拒否したとの逸話を明かした。


バンド・メイトのポール・スタンレーは、ロシア軍がウクライナに侵攻して以降、何度かTwitterで自身の見解を発信。最新のものでは、1人泣きながら避難する子供のニュース映像をリツイートし、「俺らは助けることができる」と、ウクライナへの支援金の寄付を呼び掛けている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報