ザ・ローリング・ストーンズ、スティーヴ・ジョーダンと曲を制作中

ツイート

ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズとミック・ジャガーは、チャーリー・ワッツの死後、彼らのツアーに参加しているドラマーのスティーヴ・ジョーダンと共に曲を制作しているという。

◆関連画像

キースは米CBSで放送される日曜日の朝番組『Sunday Morning』のインタビューで、こう話した。「スティーヴがバンドにいることで生じるこのダイナミックスを知るのは興味深いことだろう。別のものに変貌しているかのようだ。先週、ミックと仕事したんだ。スティーヴも一緒にね。俺ら、8か9の新曲のアイディアを思いついた。それって、俺らの基準からするとあり得ないんだよ!」

(通常は)何故あり得ないのかと問われると、「ミューズってやつだ。わかるだろ。俺が彼女の住所を知ってさえいたらな(笑)」と答えた。

キースは先週木曜日(3月10日)、そのジョーダンをはじめ、ワディ・ワクテル、アイヴァン・ネヴィルらと共に、キース・リチャーズ&エクスペンシヴ・ワイノーズとしてニューヨークで開かれた慈善公演<Love Rocks NYC>でパフォーマンスした。

CBSによると、ザ・ローリング・ストーンズはこの夏、60周年記念ツアーを開催する計画だという。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報