ソフィア・カーソン、日本のファンに向けたオンライン・ミート&グリート開催

ツイート



女優・歌手のソフィア・カーソンがソロアーティスト・デビューから約6年の時を経て、自身の名前を冠したデビュー・アルバム『ソフィア・カーソン』の日本盤CDを4月6日(水)に発売する。本作の購入者抽選特典として、日本のファンのためだけに、ソフィア本人参加のオンライン・ミート&グリートの開催が決定した。

恋のはじまりから、失恋の絶望、そして完全復活までの1つのラブ・ストーリーを表現したと語る本作は、世界で日本のみCD化が決定し、ブックレット内には、日本のファンへ向けたソフィア直筆プリント・メッセージや来日時の写真掲載、ボーナス・トラックとして過去の人気シングル7曲を追加収録など豪華な収録内容。過去に2度の来日を果たし、今年出演したポッドキャスト番組内でも、最も素晴らしかったファンとの瞬間は日本と語るほど、ソフィアの日本のファンへの強い想いから、日本限定でCD化に加えてオンライン・ミート&グリートの実施が決定したということだ。前回の来日から約4年ぶりに日本のファンと交流する機会となる本イベントを、ソフィア本人も大変楽しみにしているとのこと。UNIVERSAL MUSIC STOREで『ソフィア・カーソン』(UICH-1018)を対象期間中に購入すると抽選で20名が招待される。参加方法等、詳細はUNIVERSAL MUSICのアーティストHP(https://www.universal-music.co.jp/sofia-carson/news/2022-03-14/)をご確認いただきたい。

また、アルバム先行シングル「Fool’s Gold」、「He Loves Me. But…」、「LOUD」3曲の制作秘話をソフィアが語る「Behind The Song」が、3月11日より順次YouTubeにて公開された。「Fool’s Gold」では、思わず入ってしまったソフィアの笑い声が実際に楽曲のフックとして使用されたこと、「He Loves Me, But…」では、親友から受けた恋愛相談から楽曲のインスピレーションを受けていたこと、「LOUD」では、常にラウドで強い女性へと育ててくれた自身のお母さんを思いながらレコーディングしたことなど、各動画で楽曲に込めた想いや制作の裏話等、さまざまなことについて語っている。







デビュー・アルバム『ソフィア・カーソン』

3月25日(金)デジタル配信
4月6日(水)日本盤CD発売予定
UICH-1018 3,630円(税込み)
予約はこちら:https://umj.lnk.to/SofiaCarson_AlbumPR

【日本盤CD収録内容】
来日時の写真を含むソフィア自らピックアップした写真を多数掲載
日本のファンに向けたソフィア直筆プリント・メッセージ(対訳付き)
ボーナス・トラックとして過去の人気シングル7曲を収録
ソフィアのインタビュー入り解説
全曲歌詞・対訳付き
初回限定特典:スマホサイズ・ジャケット・デザイン・ステッカー封入
【店舗別購入者特典】
■Amazon:メガジャケ
■タワーレコード:缶バッチ
■UNIVERSAL MUSIC STORE:A4クリアファイル + 限定抽選特典
限定抽選特典
A賞:ソフィアとのオンライン・ミート&グリートへご招待(20名様)
B賞:海外オリジナル・グッズ(20名様)
■その他全国主要CDショップ&オンラインショップ:A4クリアファイル
【収録曲】*日本盤ボーナス・トラック
イッツ・オンリー・ラブ、ノーバディ・ダイズ(It’s Only Love, Nobody Dies)
ラウド(LOUD)
シュガー(Sugar)
タイムレス(Timeless)
ステイ(Stay)
コモ、クアンド・イ・ドンデ(Cómo, Cuándo Y Dónde)
スティル・ラブ・ユー(Still Love You)
フールズ・ゴールド(Fool's Gold)
ヒー・ラブズ・ミー、バット…(He Loves Me, But…)
トゥー・ティアーズ・イン・ア・バケット(Two Tears in a Bucket)
ラブ・イズ・ザ・ネーム(Love Is the Name)* 
バック・トゥ・ビューティフルfeaturing アラン・ウォーカー (Back to Beautiful featuring Alan Walker)* 
インズ・アンド・アウツ(Ins and Outs)* 
アイ・ラブ・ユー with R3HAB(I Luv U with R3HAB)* 
ミス・ユー・モア・ザン・ユー・ノウ with R3HAB(Miss U More Than U Know with R3HAB)* 
ゲス・アイム・ア・ライアー(Guess I'm a Liar)* 
ホールド・オン・トゥ・ミー(Hold on to Me)* 
この記事をツイート

この記事の関連情報