堀江由衣、アルバム『文学少女の歌集Ⅱ-月とカエルと文学少女-』トレーラー公開

ツイート


声優・アーティストとして活躍する堀江由衣が3月23日(水)にリリースする自身11枚目となるアルバム『文学少女の歌集Ⅱ-月とカエルと文学少女-』の全曲トレーラーが公開された。

アルバム『文学少女の歌集Ⅱ-月とカエルと文学少女-』は、10thアルバム『文学少女の歌集』から繋がる作品。青春時代のもどかしさや純粋さを詰め込んだ前作とまた違った視点で表現されており、堀江由衣が紡ぐ“新たな物語の歌集”に仕上がっているということ。2021年にリリースしたデジタルシングル「Adieu」(TVアニメ『SHAMAN KING』第2弾エンディングテーマ)「虹が架かるまでの話」(TVアニメ『先輩がうざい後輩の話』エンディングテーマ)のほか、新曲9曲を含めた全11曲を収録。楽曲提供アーティストには、これまで堀江由衣の名曲を多数手掛けてきた清 竜人をはじめ、情感あふれる詞を多く提供してきたあさのますみ、『かげきしょうじょ!!』『SHAMAN KING』など人気アニメのテーマソングをつとめ、葛藤や憂いをストレートに表現した歌詞で多くの支持を受けるsajiのVo.&Gt.ヨシダタクミ等、初タッグとなるアーティストも参加している。本日公開された全曲トレーラーでは、アルバムに収録される全楽曲のサビ音源が解禁された。


また、ヨシダタクミ(saji)に続き、アルバム参加アーティストの清 竜人(「瑠璃色の傘を差して」作詞・作曲・編曲)、あさのますみ(「スタートライン」作詞)より、それぞれが手掛ける楽曲についてのコメントも公開された。

  ◆  ◆  ◆

■清 竜人 コメント
「ほっちゃーん!久し振りじゃん!元気ー??今日も可愛いね!
この間教えてくれたあの店のケーキ、超美味しかったよ!今度一緒に行こうよ!」とか言ってみたいですが、多分一生無理です。
未だにスタジオで話していて僕が緊張するのは、堀江さんだけです。
沛然として降る驟雨の中、ハザードを焚くクロスカントリーの中で、堀江さんのことを思い浮かべながら作りました。
楽曲に込めた想いは、ここに記さなくても、皆様に伝わるかと存じます。
堀江さんに書き下ろした楽曲の中でも、とりわけ気に入っております。
この楽曲で、アルバムを締め括ることができて、光栄です。
瑠璃色の傘を差して あてもなく 虹を渡るの。

  ◆  ◆  ◆

■あさのますみ コメント
前のアルバム「文学少女の歌集」で、「この町の丘から」という詞を書かせていただいたのですが、今回は、そこに出てきた女の子の数年後をイメージして書きました。言葉づかいをところどころ似せてあるので、あの子がちょっと大人になった姿を想像して聞いてもらえたら嬉しいです。アルバムがリリースされる頃は、出会いと別れの季節。聞く人がそれぞれ自分のことに置き換えられるよう「卒業」という言葉はあえて使わず書きました。

  ◆  ◆  ◆

アルバム『文学少女の歌集Ⅱ-月とカエルと文学少女-』

2022年3月23日(水)発売
スペシャルサイト:https://horie-yui.com/bungakusyoujo2/
全曲トレーラー:https://youtu.be/WU1ZnE0mgXw

<初回限定盤>
品番:KICS-94051
価格:¥3,850(税抜価格¥3,500)
仕様:外箱/別冊写真集付き
<通常盤>
品番:KICS-4051
価格:¥3,300(税抜価格¥3,000)

【収録内容】
1.「月とカエル」
作詞・作曲:ヨシダタクミ(saji)
編曲:ヨシダタクミ(saji)&アオヤマイクミ
2.「Wake Up」
作詞:堀江由衣 作曲:kani 編曲:伊藤 立
3.「君とさよなら」
作詞・作曲:吉岡大地 編曲:秋浦智裕
4.「スタートライン」
作詞:あさのますみ 作曲・編曲:大川茂伸
5.「チャイム」
作詞:志渡ななみ 作曲:吉岡大地
編曲:小山 寿
6.「Adieu」
作詞・作曲・編曲:清 竜人7.「25:00」
作詞・作曲:ヨシダタクミ(saji)
編曲:ヨシダタクミ(saji)&中島生也
弦編曲:菊谷知樹
8.「ラブアテンション」
作詞・作曲・編曲:ヨシダタクミ(saji)
9.「虹が架かるまでの話」
作詞:金丸佳史 作曲・編曲:中野領太
10.「1/60フレーム」
作詞:空谷泉身 作曲:吉岡大地
編曲:伊藤 立
11.「瑠璃色の傘を差して」
作詞・作曲・編曲:清 竜人

この記事をツイート

この記事の関連情報