The DUST'N'BONEZ、首振りDollsのnaoを迎え12年ぶりにアルバムリリース

ツイート

The DUST'N'BONEZが、約12年ぶり通算5枚目のニューアルバム『Search and Destroy』を5月18日にリリースすることが決定した。

The DUST'N'BONEZは、元ZIGGY~現THE SLUT BANKSのベーシスト・戸城憲夫、元SADS~現THE SLUT BANKSのギタリスト・坂下丈朋、元SADSのドラマー・満園英二の3人が中心となり活動するロックンロールバンド。

ニューアルバム『Search and Destroy』は前任の森重樹一(Vo)に代わり、首振りDollsのドラマー兼ヴォーカリストのnaoをヴォーカリストに迎え、“新生ダスボン”として制作された。

戸城憲夫が書くハードエッジを効かせたスリーズロックンロールは本作でも健在で、naoのヴォーカルとも相性抜群。2021年夏に行った<戸城憲夫生誕祭>では、naoを含む現メンバーでライヴを行い、ファンの前でパフォーマンスも披露。久々にバンド復活をアピールした。ファンの期待値が高まる中、待望の新作リリースとなる。

『Search and Destroy』

2022年5月18日(水)リリース 
品番:KICS-4055 定価:¥3,300(税抜価格¥3,000)

■収録内容:
01. sad rainy
02. tattoo
03. Search and Destroy
04. RUN AWAY
05. junkie
06. starry street
07. RHYTHM
08. dust bunny
09. モノクロ
10. Addictions
11. 君の街

◆The DUST'N'BONEZ レーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報