<日比谷音楽祭2022>にEXILE SHOKICHI、角野隼斗、佐藤ひらり、民謡クルセイダーズら12組

ツイート

6月4日と5日に東京・日比谷公園とその周辺施設で開催される<日比谷音楽祭2022>の出演アーティストの第二弾発表が行われた。

今回の発表では、EXILE SHOKICHI、佐藤ひらり、角野隼斗、空に油 meets Cru Cru Cirque DX with HISASHI & うつみようこ、武部聡志、西川進、半崎美子、藤井フミヤ、民謡クルセイダーズ、山弦、RIO、和楽器グループ 龍声 〜 Ryusei 〜の12組の出演が明らかになった。

<日比谷音楽祭>は、“日比谷公園を日本の新たな音楽文化発信の拠点としたい、素晴らしい音楽を生の演奏で聴く機会を提供したい”との想いからスタートした音楽イベント。多様性を受容し、世代、国籍、障がい、経済格差などを超えて“フリーで誰もが参加できるボーダーレスな音楽祭”として2019年に初開催された。2022年の開催に向け、クラウドファンディング「日比谷音楽祭2022|みんなでつくる音楽祭の実現へ向けて」も3月23日よりスタートする。

   ◆   ◆   ◆

■実行委員長 亀田誠治 コメント

みなさん、いよいよ第二弾アーティスト発表です!

世界では穏やかでない日々が続いていますが、こんな時こそ、日比谷音楽祭はとびきりの音楽を鳴らし、人々の心を癒し、光溢れる日常を音楽でみたしていければと願っています。

今年の日比谷音楽祭は、一人でも多くの人に安全安心に日比谷音楽祭の模様を届けるため、日比谷公園での有観客とオンライン配信のハイブリッド開催を目指しています。どこにいても、誰もが、思いのままに日比谷音楽祭に参加できますよ。

今年もジャンルを超えて世代を超えて、音楽を愛する仲間たちと音楽の楽しさを目一杯お届けします。今回発表となった、EXILE SHOKICHI、佐藤ひらり、角野隼斗、空に油 meets Cru Cru Cirque DX with HISASHI &うつみようこ、武部聡志、西川進、半﨑美子、藤井フミヤ、民謡クルセイダーズ、山弦、RIO、龍声 〜 Ryusei 〜、もちろん日比谷音楽祭名物の素敵なコラボも予定しています。 しかも、まだ「and more!!!」が待っています。今年のワクワクは開催当日まで続いていきます!

ワークショップも、今回発表となった武部聡志さんによるピアノと僕のベースを伴奏に歌えるスペシャル事前ワークショップなど、「日比谷音楽祭ならでは!」と言える新企画をさまざまに用意しています。

そして、今年もクラウドファンディングが始まりました。 お家にいても日比谷音楽祭を楽しめる魅力的なリターンに加え、今年は、2021年の支援者の皆さんと一緒に考えたリターンや体験型のリターンなど、満載です!ぜひ、みなさんも日比谷音楽祭をクラウドファンディングで支えてください。

   ◆   ◆   ◆

■佐藤ひらり コメント

全盲のシンガーソングライター佐藤ひらりです。今年も参加させてもらえること本当に嬉しいです。この日比谷音楽祭はボーダーレスの音楽祭で、本当に様々な皆様と音楽を通じ一つになれます。音楽のジャンルも国籍も大人も子供も障害も関係ない。私の夢、日本のスティービーワンダーさんになれるような音楽祭です。セントラルパークのあの公園で体感したことを、日本でも感じながらステージに立てることが本当に嬉しいです!

   ◆   ◆   ◆

■武部聡志 コメント

昨年に引き続いて、今年も日比谷音楽祭に参加出来ることをとても嬉しく思っています。
昨年は、小音楽堂において僕のプロデュースLIVEを配信でお届けしました。
今年は新たな試みとして、僕らの演奏で唄いたい方を募り、ワークショップともオーディションとも違う一緒に音楽を楽しめる場を提供したいと思っています。
日比谷音楽祭のコンセプトであるボーダーレス、参加型のフェスであることを最大限に活かしたプログラムになるよう今から楽しみにしています。
亀ちゃん、今年も素晴らしい音楽祭になるように力を合わせて頑張ろうね!

   ◆   ◆   ◆

■西川進 コメント

今回も日比谷音楽祭に参加させていただき、本当に光栄に思っています。
ソロ曲はダークな曲調も多いですが、都会のオアシスのような場所と、自分のアンビエントなギターが融合して、思いもよらない空間が生まれることでしょう。
是非「西川ワールド」を体験しに来てください。

   ◆   ◆   ◆

■半崎美子 コメント

誰にでも開かれているからこそ、あらゆる出会いや対話が生まれる日比谷音楽祭。
今年もステージの一端を担うことができる喜びを噛みしめています!
自然のリズムや音楽の鼓動が調和して、それぞれのステージが一つの物語のように紡がれていく2日間。
ぜひ皆さんと日比谷で分かち合いたいです!

※半崎美子:「崎」の正式表記は「たつさき」

   ◆   ◆   ◆

■民謡クルセイダーズ フレディ塚本 コメント

この度は、日比谷音楽祭に、私ども、民謡クルセイダーズにお声掛けくださり、ありがとうございます。
リーダー田中克海が放った “遠くから聞こえてくる祭囃子みたいに、なんだか胸騒ぎのする音楽がやりたいんだよね“と、言う一言から生まれた民クル。
面白がって続けているうちに、様々な方々から愛されるようになりました。
この音楽祭、ただただ我々と一緒に、楽しく愉快に唄って踊っていただければ、これ幸いかな!で、ございます。
あ〜、ワクワクする!

   ◆   ◆   ◆

■RIO コメント

日比谷音楽祭は、その名の通りTOKYOのど真ん中、日比谷で音を楽しむお祭りなんだ。
それも日比谷公園だよ!
誰もが自由に楽しめるんだ。
もうそれだけでワクワクするよね!
あらゆる境界線を超えて、ただ音楽の楽しさを沢山の人と分かち合うんだ。
これぞ最高にHAPPYな時間! 初めて参加した2019年、亀田誠治さんが実現したかった世界を僕も心震えながら体感したんだ。
そこからはコロナ禍ではあったものの、オンラインの枠を飛び超え、僕を含め、多くの人が音楽の力を通して、愛と希望をもらえた。
音楽は止めちゃいけないんだ。
そして今年2022年!
またウクレレと共に最高に幸せな音を届けるからね。音楽の力で繋がりましょう〜!!

   ◆   ◆   ◆

■和楽器グループ 龍声 〜 Ryusei 〜 コメント

『和楽器』に触れたことは、ありますか?
今の子供達は、学校教育の中で必ず和楽器に触れていること、ご存知でしたか?
私たち『龍声〜Ryusei〜』が奏でる、箏(こと)・尺八・三味線・17絃・琵琶の5種類の楽器たち。
古典曲から皆様にお馴染みの現代曲まで、様々なジャンルの曲をお届けします。
ワークショップでは、実際に和楽器を体験する事が出来ます♪
皆様が感じる自国の音はどのような響きなのか、現代に生きる「日本の音」を日比谷音楽祭で是非お楽しみください!!

   ◆   ◆   ◆

クラウドファンディング「日比谷音楽祭2022|みんなでつくる音楽祭の実現へ向けて」

実施期間:2022年3月23日(水)12:00〜2022年6月20日(月)23:00
目標金額: 2,000万円
プラットフォーム: READYFOR
方式: ALL-IN方式(目標金額に達成せずとも、集まった金額を支援できます)
プロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/HMF2022

プレワークショップ「2大音楽プロデューサー武部聡志×亀田誠治と共演! 武亀セッションワークショップ 〜 一緒に歌ってみませんか?〜」

募集期間:2022年3月23日(水)〜4月11日(月)23:59
当選者への通知:2022年4月20日(月)予定
ワークショップリハーサル:2022年5月1日(日) 東京都内にて
収録本番:2022年5月13日(金)19:00〜21:00(予定)東京都内にて
応募方法:
(1)下記課題曲から1曲を選び、歌ってみた動画を作成、YouTubeにハッシュタグ「#日比谷音楽祭武亀セッション希望」をつけて投稿してください。
(2)Twitterに、YouTubeに投稿した動画のURLを、同じくハッシュタグ「#日比谷音楽祭武亀セッション希望」をつけて投稿をしてください。
(3)日比谷音楽祭の公式Twitterアカウント(@hibiyamusicfes)をフォローしてください。当選者への通知はTwitterのDMにて行われます。
課題曲:
ハナミズキ(一青窈)※武部聡志プロデュース曲
Progress(スガ シカオ)※武部聡志プロデュース曲

※詳細、注意事項等はオフィシャルサイトでご確認ください。
※ワークショップの模様は事前に収録され、日比谷音楽祭2022当日に映像配信予定。

<日比谷音楽祭2022>

2022年6月4日(土)、5日(日)
会場:東京・日比谷公園
大音楽堂(野音)/ 小音楽堂 / にれのき広場 / 第二花壇 / 噴水広場 / 日比谷図書文化館大ホール・小ホール / 草地広場 (予定)
サテライト会場:東京ミッドタウン日比谷
※雨天決行。荒天、災害時の場合は中止。但し、会場によっては、雨天一時中断、もしくは、中止になる場合もございます
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、開催方法が変更になる場合がございます

料金:入場・参加無料
配信: 2日間のオンライン無料生配信を予定
※一部、配信対象外のコンテンツあり
※オンライン生配信は、協賛金等による運営資金の集まりが芳しくない場合に実施規模が縮小となったり実施不可となる場合があります
※一部、生配信を行わないアーティストがいる場合があります。詳細は後日発表予定。

公式HP:www.hibiyamusicfes.jp
公式Twitter:@hibiyamusicfes 公式Instagram:@hibiyamusicfes 公式Facebook:facebook.com/hibiyamusicfes

この記事をツイート

この記事の関連情報