奥田民生、THE FIRST TAKEで「太陽が見ている」をMTR&Yバンドメンバーと披露

ツイート


YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第202回公開の詳細が発表された。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。第202回では、奥田民生が再登場。先日3月11日(金)に「さすらい」でTHE FIRST TAKEに初登場した奥田だが、今回は新曲「太陽が見ている」を披露する。

この曲は3月19日(土)に最終回を迎えた、日本テレビ系土曜ドラマ『逃亡医F』(主演:成田凌)の主題歌として書き下ろされた曲で、オリジナル音源では作詞・作曲・歌唱に加え、すべての演奏(ギター、ベース、ドラム、紙コップ)を奥田ひとりで行っていた。シンプルな歌詞だが、楽器の音と歌のアンサンブルで混沌とした世を生きる全ての人の背中をそっと押してくれるような、力強く温かい渋ロックチューンだ。

今回のTHE FIRST TAKE出演にあたり、MTR&Yバンド編成(bass&紙コップ:小原礼、keyboards:斎藤有太、drums:湊雅史)での演奏となり、新たにキーボードの音色が追加され、より華やかなスペシャルバージョンに。演奏直前には、ギターの音がスタンバイできていないことに気づいた奥田が「ごめん!」と待ったをかけ、エフェクターを踏みなおす一幕も。全編に渡り奥田民生らしさを感じる一発撮りとなっている。

この模様は、3月23日(水)22時よりプレミア公開される。

  ◆  ◆  ◆

■奥田民生 コメント
「太陽が見ている」レコーディングの演奏は僕1人でやりましたが
今回はバンドメンバーと初めてやった演奏になりまして
むしろライブと一緒でいつも通り自然な形になりました

  ◆  ◆  ◆



この記事をツイート

この記事の関連情報