【イベントレポート】ONE N’ ONLY、約2年ぶりとなるファンとの対面リリースイベント

ツイート

ONE N’ ONLYが2月16日に発売した1st EP「YOUNG BLOOD」のリリースを記念して、店舗購入者抽選イベントを3月13日にタワーレコード渋谷、3月21日にHMV&BOOKS SHIBUYAで開催した。

◆イベント写真

今回のイベントは、2月16日に発売された1st EP「YOUNG BLOOD」の通常盤TYPE-AもしくはTYPE-Bを購入した方の中から抽選でご招待。リリースイベントとしてファンとの対面は、2019年10月に発売した3rd Single「Category / My Love」以来、約2年ぶりとなる。


今作の表題曲「YOUNG BLOOD」が流れると、メンバーがステージに登場。ライブとは違った距離感でのファンとの対面にメンバーも懐かしさを感じ、このご時世ならではの“オンラインイベント”の話なども交え、トークに花を咲かせた。


抽選限定イベントのため“何か特別なことはできないか”ということで、EIKUがギターを持参しグループ楽曲の弾き語りバージョンを披露。バラード曲から激しい曲までギター1本で幅広く演奏できることに気がついたメンバーは、「これだけでライブやるのもいいんじゃない?」など笑い混じりに様々な意見が飛び交った。


また、ファンから事前にアンケートで回答してもらった中で、「ワンエンの中で好きな曲は?」という質問に寄せられた楽曲が流れてくる中、素早く反応しパフォーマンスできるか検証する“即興ダンス”を披露。流れてくる楽曲はどの部分が流れてくるかわからないため、1番と2番で立ち位置の違う振り付けに大苦戦した。


一曲ずつ踊る時もあれば、メドレーで流れてくるパターンもあり頭の整理が追いつかないまま曲は進行。加えてテンポの変化もあるためメンバーは大パニックに。慌てながらも必死に踊る姿を見たSWAG(=ファン名称)からは密かに笑いも起こった。


踊り終わったメンバーからは「ライブ並に疲れた」や「早いテンポもしんどいけど、ゆっくり流れるのもしんどい!」など言いつつも、「今後もしかしたらライブとかでこういうことがあるかもしれない!日々鍛錬ですね。」と、5月から始まるライブツアー<ONE N' LIVE 2022~YOUNG BLOOD~>に向けての意気込みも語った。


ファンからの質問に答えるコーナーでは、「YOUNG BLOODのダンスはどれくらいで完成しましたか?」「振り付けで一番難しい曲は?」など様々な質問が。また、イベント中にTikTokの撮影を実施するなどファンと一体感を見せる場面もあった。


最後にはイベントに参加した方全員に来場者特典としてポストカードを配布。また、入場の際に配布された番号から抽選で6名に、メンバー全員のサイン・日付・当選者の名前を記載したポスターをプレゼント。まだ活動に制限のかかる中、ひたすらに応援し続けてくれるSWAGに向けてひとりひとりメッセージを述べ、本イベントは幕を閉じた。

未だ勢いを失わず前進し続ける彼らは、5月から東京・名古屋・大阪にて春ツアー<ONE N' LIVE 2022 ~YOUNG BLOOD~>の開催が決定している。



[店舗名]
・タワーレコード渋谷店
・HMV&BOOKS SHIBUYA

■<ONE N' LIVE 2022 ~YOUNG BLOOD~>

2022年5月14日(土)Zepp Namba(OSAKA)
2022年5月22日(日)Zepp Nagoya
2022年6月4日(土)Zepp Haneda(TOKYO) ※SOLD OUT

追加公演
2022年6月25日(土)昭和女子大学 人見記念講堂
2022年6月26日(日)昭和女子大学 人見記念講堂

【料金】
・全席指定 ¥7,000(税込)
※入場時ドリンク代必要
※小学生以上チケット必要

・6月25日(土)、26日(日)人見記念講堂
全席指定 ¥7,500(税込)
※小学生以上チケット必要

◆ONE N' ONLY オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報