ピンク・レディー、『PINK LADY』配信スタート

ツイート


ピンク・レディーの『PINK LADY』が、3月30日より配信スタートした。

◆『PINK LADY』LP盤の表紙写真

ピンク・レディーは1981年3月31日に後楽園球場で解散コンサートを開催、約4年半の彼女たちの栄光の軌跡に、いったんの終止符が打たれた。その直前の1981年3月21日にリリースされたLP3枚組アルバム『PINK LADY』は、シングルA面全曲を収録した極め付けのベスト盤で、シングルB面やオリジナルアルバムのみに収録された人気の楽曲に加えて、当時未発表だった新曲が11曲も収録された。このアルバムは、ファンの間では通称“銀箱”と呼ばれて親しまれ、2004年にCD復刻盤が発売されたものの、長らく入手困難な作品だった。







また、2010年のピンク・レディー“解散やめ!”宣言後にリリースしたセルフプロデュースアルバム『INNOVATION(イノベーション)』では、『PINK LADY』にだけ収録された楽曲の中から、「BY MYSELF」「ミラノ・ローズ」「希望への旋律」「Body & Soul」の4曲を選んでセルフリメイク。リリース後のコンサート・ツアーでも歌唱されたように、本人たちにとってもお気に入りの作品だ。その後のソロ活動にもつながるソロ曲「シャーロック・ホームズの素敵な恋」(ミイ)「カリフォルニア・ブルー」(ケイ)も収録され、聴きどころ満載のアルバム(全42曲)となっている。

なお、デビュー45周年を迎えたピンク・レディーの公式Twitterも開設された。ピンク・レディー及び、未唯mie、増田惠子の情報はこちらでもチェックしよう。

■配信『PINK LADY』

※全42曲
配信中
https://jvcmusic.lnk.to/PINK_LADY
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
※対応ストリーミングサービス:Amazon Music Unlimited/HD、Apple Music、AWA、KKBOX、LINE MUSIC、mora qualitas、TOWER RECORDS MUSIC、Rakuten Music、Spotify、YouTube Music、dヒッツ、うたパス、SMART USEN

この記事をツイート

この記事の関連情報